気を付けて!『振り込め詐欺対策』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気を付けて!『振り込め詐欺対策』

 

 テレビのニュースを見ていると、さまざまな良いニュースとともに、心が痛くなるニュースもたくさん流れてきます。その中のひとつが、振り込め詐欺など、ご高齢の方をターゲットにした詐欺事件です。ご家族やお孫さんを守りたいという気持ちを逆手にとる詐欺は、親心や祖父祖母の気持ちを踏みにじるものです。警視庁のホームページでは、『振り込め詐欺』対策についても、さまざまな形で告知していますので、ご紹介します。

 

  • 『振り込め詐欺』とは?

 

Photo by cogdogblog

Photo by cogdogblog


「おれだよ、おれ。」と電話をかけて、電話に出た者がうっかり「○○かい?」などと名前を問い直すと、「そう、○○。実は事故にあっちゃってお金が必要になった。すぐにお金を振り込んで。」などと言い、指定した銀行等の口座に現金を振り込ませるやり口からその名前がついた『詐欺事件』のことをいいます。

 

  • だましのテクニックは?

(1)事前に身内を名乗って、「携帯電話の番号が変わったから控えておいて」等と連絡して、電話番号を控えさせて、騙しの電話をするときの警戒感を払拭させてきます。

 

(2)「風邪をひいて声が変だと思うけど・・。」と言って、相手に疑問を抱かせないようにします。

 

(3)複数の人が登場する劇団型で、もっともらしく話を展開してきます。

・一人目:ご主人やお子さん、お孫さんなど、身内を装う者

・二人目:警察官や弁護士、鉄道関係者を装う者

・三人目:痴漢の被害者の身内や交通事故の当事者を装い、被害を受けたと主張する者

 

 役割を分担して、実に巧みなグループワーキングで金銭をだまし取ろうとします。人を不安に陥れるようなストーリーが展開され、タイミングよく相手が電話を変わるので、そのペースに巻き込まれてしまい、冷静に考える余裕をなくしてしまいます。『振り込め詐欺』の手口を知っている人でも、ついうっかりだまされてしまいますので気を付けましょう。

 

(4)銀行等の閉店間際に振り込みを要求し、「時間がない。」と言って急がせます。

 

(5)バイク便業者や直接代理人を自宅に向かわせ、現金を手渡し、定形小包郵便物(通称「エクスパック500」)による送付等の受け渡し方法を指定する場合もあります。

 

(6)一度お金を振り込むと、「この人からはお金が取れる」と思われ、さらに、追加の振込の電話がかかってくる場合があります。

 

  • その他、詐欺の種類にはどんなものがあるの?

『架空請求詐欺』

郵便やインターネット等を利用して、不特定多数の者に対して、架空の事実を口実とした料金を請求する文書等を送付して、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取る手口の詐欺です。

 

『融資保証金詐欺』

実際には融資しないにも関わらず、融資する旨の文書等を送付して、融資を申し込んできた者に対して、保証金等を名目に現金を預金口座等に振り込ませる方法で、だまし取る手口です。

 

『還付金等詐欺』

税務署や区役所等を名乗り、「税金や医療費等を返還します」とか、「今日が手続きの締め切りです」とか、「ATMで手続きができます」等と、コンビニエンスストア等に設置してあるATMに行かせて、携帯電話で還付手続きを指示するふりをして、実は犯人の口座にお金振り込む手続きをさせる手口の詐欺です。

 

 おかしな電話がかかってきたら、とにかく、警察に電話しましょう。会社で不祥事を起こしても、お金で解決できるような甘いことを言ってくるのを疑問に感じることが大切です。遠くに住んでいる家族とも連絡し、「だまされないでね」と、普段から話題にしておくようにしましょう。

 

※参考資料:

『警視庁』

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/koreisagi/koreisagi.htm

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする