水素に入浴する!?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第174回

今回は、水素入浴について!

 みなさん、こんにちは。

 すっかり秋になってきましたね。山などでは紅葉も始まり、北海道では既に初雪など季節って本当にすぐに移り変わるなぁと思う今日この頃です。

 そんな中で特に季節の変わり目を感じるのが肌寒さなどで感じる“冷え”。実際、慌てて毛布や冬用のお布団を出されたお家も多いのではないでしょうか?

 でもそんな季節だからこそ楽しくなるのがお風呂タイム♪ドラッグストアなどでも俄然、入浴剤の種類が増えてきますよね。みなさんはどんな入浴剤がお好きですか?

hydrogen水素ですよー

Photo by zero_org

 私はどちらかというと爆裂系の体がポカポカよりもカッカ、カッカするものが好きなのですが、最近カッカはしないのに保温がいいなぁと思っているのが水素の入浴剤。そこで今回は“水素入浴”をご紹介します。

 ですが・・・そういうと、

 「えっ、水素って飲むものじゃないの?」

 という方、いらっしゃいますよね?実は私も以前はそう思っていたんです。が、ある時仕事で水素について勉強したところ、水素入浴の有効さを知って、それ以来すっかり水素入浴派に!

 もちろん水素水を飲むこともいいことなのですが、水素水の生成器などがないとなかなかいい状態で水素水を飲むのって難しいのも事実。これは水素の分子がとても小さいために、工場で充填された際には表示通りの水素濃度で商品が出来上がるのですが、消費者の手元に着くまでにどんどん水素がパッケージから抜けていってしまうからなんです。アルミパックのものはそれでも水素が抜けにくいといわれていますが、なんといっても目に見えないものなのでなかなか判断が難しいところ。毎回、濃度判定薬で試される方もあるみたいですが、それもなかなか根性がいります。

 その点、昨今の水素入浴剤は水に触れることで水素が発生する仕組みになっている商品が多いのでいうなれば、作り立ての水素水でお風呂に入れるようになっています。商品にもよりますが短いものでも3時間くらいは水素がお風呂の中に充満している状態なので家族みんなで入ることも可能です。

 そして水素入浴のよいところは先ほども書いたように水素の分子が小さいため、水素を肌からも体内に吸収できるので体全体で水素の良さを受け止められるところ!10分くらいで全身に水素がいきわたるといわれているので
ゆっくりと半身浴などするのもおススメです。

 水素には血流を良くする効果も期待できるので、体も本当に温まりますし、入浴後の保温が本当にいいですよ!

 最近はお試し用など手頃にいろいろな商品が購入できるのでぜひいろいろと試してみてください。

 そして次回の記事ではどうして水素が体にいいのかをご紹介しますね!!

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする