11月5日は津波防災の日『津波防災ひろめ隊サイト』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月5日は津波防災の日『津波防災ひろめ隊サイト』

 
 私たちは、津波という災害で多くの体験をしました。ひとりひとりの立場は違っても、それぞれのこころに、津波がもたらした災害の影響が今もしっかりと息づいています。辛い気持ちを忘れることなく、これからの世代に向けて、今回の教訓を伝えていくために、常日頃から、災害について改めて考えなおす機会を持っておくことはとても大切です。

 

 『内閣府』では、きたる、11月5日を、『津波防災の日』に制定し、さまざまなキャンペーンを展開しているのをご存知でしょうか。その取り組みのひとつが、『津波防災ひろめ隊サイト』です。

 

 ご当地キャラのふなっしーをはじめとした、地域のさまざまなキャラクターさんの力を借りて、多くの方に、津波に対する防災の気持ちを忘れないように、さまざまなキャンペーンに取り組んでいます。

 

Photo by Wonderlane

Photo by Wonderlane


 今もなお、人々の記憶に残る平成23年3月11日の『東日本大震災』では、東北地方の太平洋沿岸を襲った津波によって、多くの尊い人命が奪われました。これを受けて、津波から、国民の命を守ることを目的に、同年6月『津波対策の推進に関する法律』が制定され、その中で、毎年11月5日が『津波防災の日』と決められています。

 

 『11月5日=津波防災の日』となったいわれは、1854年11月5日、『安政南海地震』(M8.4)が発生し、和歌山県を大津波が襲った際に、稲に火をつけて、暗闇の中で逃げ遅れていた人たちを、高台に避難させて救った『稲むらの火』の逸話にちなんで定められたものです。

 

 『内閣府』では、広く津波対策についての理解と関心を深めるために、さまざまな取り組みを行っています。その一環として『日本ご当地キャラクター協会』に協力を要請し、趣旨に賛同したご当地キャラクター達が、津波防災の普及啓発活動に取り組む『津波防災ひろめ隊』を結成しました。2015年9月7日にお披露目会が開催され、今もさまざまな活動に精力的に取り組んでいます。

 

<津波防災の大切なポイント>

(1)津波が来たら各自がただちに全力で逃げること

(2)2つの約束

・家族と逃げる場所を決めておく

・自らの命を守ることに全力を尽くす

 

<津波避難ポーズ>

お披露目会の際、新たに考案されたのが「津波避難のポーズ」です。

津波が来たら、まず全力で逃げることを表すために、両手は走るポーズ、また、ただ逃げるだけではなく、できるだけ上を目指して逃げることを表すために、上方に向かってのけ反るポーズを併せたもの。

 

 日本の地殻活動はここ数年さらに活発になっています。どの地域、いつどんな災害が起こるか分かりません。常日頃、災害に対して家族や会社、地域の人々と話しておくことが大切です。その際にも、『内閣府』が行う、『津波防災ひろめ隊サイト』などについても話題にされて、小さいお子さまにも分かりやすく、災害のことを説明できるといいですね。

 

※参考資料:

『津波防災ひろめ隊サイト』

http://tsunamibousai.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする