違いを知ろう!『後遺症と後遺障碍』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

違いを知ろう!『後遺症と後遺障碍』

 

 交通事故といった不慮の事故では、後遺症が残ってしまう方も少なくありません。また、ご高齢の方が、歩きなれない砂利道で突然転んでしまい、骨折した際に、後遺症を残してしますこともあります。
 

 交通事故によって後遺症が残ってしまった場合、後遺症に関する賠償額は損害額全体の大部分を占めます。また、後遺症に関する賠償額は、後遺障碍等級に左右されています。よって、適正な後遺障碍等級の認定なくして、適正な解決はありえません。しかし、等級の認定基準やポイントは、広く周知されているわけではなく、また、その他の様々な事情によって、交通事故被害者の実態にあった等級が認定されないことも少なくありません。

 

Photo by abbynormy

Photo by abbynormy


 そんな方々に向けて、自賠責保険への被害者請求手続きによる、交通事故後遺症の等級認定サポートに専門特化しているのが、『後遺症等級認定サポート』です。『後遺症等級認定サポート』は、専門事務所ならではの経験と実績から、被害者に合った等級認定までの道筋を提案し、ポイントを押さえた手続きをサポートすることで、実態にあった等級が認定されるように取り組んでいる企業です。

 

 さて、『後遺症』とは、よく耳にする言葉ですが、『後遺障碍』との違いは何なのでしょうか。『後遺障碍』と、『後遺症』は一般的にはほぼ同じ意味で使われていますが、実は、微妙かつ重要な違いがあるのです。

 

  • 『後遺症』

一般的には、急性期症状(事故直後から一定期間の強い症状)が治癒した後も、なお残ってしまった機能障碍や神経症状などの症状や障碍のこと。

 

  • 『後遺障碍』

交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害が、将来においても回復の見込めない状態となり、(症状固定)、交通事故とその症状固定状態との間に相当因果関係(確かな関連性・整合性)が認められ、その存在が医学的に認められる(証明できる、説明できる)もので、労働能力の喪失(低下)を伴うもので、その程度が自賠法施行令の等級に該当するもののこと。

 

 つまり、後遺症が大きなひとくくりと考えると、その中に、後遺障碍が位置づけられている考え方です。交通事故により受傷して、一定の治療の末残ってしまった症状=『後遺症』のうち、要件を満たしたものを『後遺障碍』として等級認定し、傷害部分とは別に損害賠償請求の対象としています。

 

 『後遺症等級認定サポート』では、交通事故に特化して、後遺障碍などのサポートに特化した取り組みを行い、多くの方の人生をささえている法人です。自賠責保険上の後遺障碍等級に該当しなくても、裁判上は後遺障碍として損害賠償請求が認められた例も紹介してくださいます。

 

 不慮の事故にあった場合、誰もが気が動転してしまいます。『後遺症等級認定サポート』のような専門性の高い企業に支えて頂きながら、前に向かって人生を一歩ずつ踏み出していきたいですね。

 

※参考資料:

『後遺症等級認定サポート』

http://www.wakaba-office.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする