さまざまな分野で活躍!『公益社団法人 日本精神保健福祉士協会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さまざまな分野で活躍!『公益社団法人 日本精神保健福祉士協会』

 

 『精神保健福祉士』とは、さまざまな福祉分野で活躍することができる資格のひとつです。例えば、医療機関で『精神保健福祉士』が担っている業務をご紹介しましょう。単科の精神科病院や、総合病院の精神科、精神科診療所、医療機関併設のデイケアなど、『精神保健福祉士』の配属先によって、取り組んでいる仕事内容は異なりますが、一般的には、精神に障碍をお持ちの方の生活を支援する立場にたって、医療と地域生活の橋渡しを行っています。常に、権利擁護の視点を持つことや、医療機関であっても、治療を目的とした直接的な取り組みとは異なることは、どの現場でも共通した役割といえるでしょう。

 

 『精神保健福祉士』は、例えば、医療現場では、主治医や看護師、作業療法士や臨床心理士などといった、医療機関内の他職種とのチーム医療を行います。『精神保健福祉士法』には、他職種との連携を保つことが義務づけられています(精神保健福祉士法第41条)。他職種との連携をいかにうまく機能させていくのかが、『精神保健福祉士』の役割として重要な点としてとらえられています。

 

 しかし、『精神保健福祉士』は、医療職ではありません。そのため、医師の指示によって業務を行うものではありません。ただし、「主治医がいれば、その指導を受けること」が、『精神保健福祉士』の義務として定められています(同法第41条第2項)。

 

 『精神保健福祉士』が注意しなくてはいけないのは、主治医の意見を聞き、指導を受けて取り組んでいくことは重要なのですが、『精神保健福祉士』としての独自の専門的な視点に基づく判断と、それによる支援を行う必要がある、ことです。また、病院の外の他機関との連携による援助活動を展開するといった、多角的な視点も必要だといわれています。

 

Photo by seyed mostafa zamani

Photo by seyed mostafa zamani


 『精神保健福祉士』は、1997年に誕生した、精神保健福祉領域のソーシャルワーカーの国家資格です。こころの時代といわれているほど、さまざまな精神病が多く、多様な価値観が錯綜する現代では、こころのあり様は私たちがもっとも関心を寄せる問題の一つとなっています。

 

 特に、こころの病を負ったことで、さまざまな障碍を抱えた人々(精神障碍者)に対する社会復帰や社会参加支援の取り組みは、日本は、先進諸国の中で制度的に著しく立ち遅れた状況が長年続いていましたが、関係法の改正などにより、ようやく精神障碍者も、地域社会で暮らすための基盤整備が図られることとなっています。

 

 ストレス社会といわれる今は、多くの人々が、見えないけれども、実は、精神的に病んでいることも少なくありません。そうした社会の中で、精神の健康保持のために、『精神保健福祉士』の役割は、医療、保健、福祉にまたがる領域で重要になってくることでしょう。注目していきたい福祉資格のひとつですね。

 

※参考資料:

『公益社団法人 日本精神保健福祉士協会』

http://www.japsw.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする