支える人を支えるために!『ケアラー手帳』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

支える人を支えるために!『ケアラー手帳』

 

『ケアラー』という言葉をご存知ですか?

 

 ちょっと昔に、何かに夢中になっている方のことを「○○ラー」と呼ぶブームがありましたけれど、それとはちょっと違いますね。『ケアラー』とは、「介護」「看病」「療育」「世話」「こころや身体に不調のある家族への気づかい」など、ケアの必要な家族や近親者、友人、知人などを無償でケアする人のことをいいます。

 

<ケアラーとは?>

  • 病気の家族を看病して気にかけている
  • 高齢者や障碍のある家族をケアしている
  • 遠方に住む親を気にかけている
  • ひきこもりの家族をケアしている
  • 近所のお年寄りの手助けをしている
  • 依存症などの問題をもつ家族を抱えている
  • 障碍をお持ちのお子さまを育てている

 

 いかがですか。想像よりも幅広い方々のことを指しますね。『無償で』というところも『ケアラー』の特長かもしれませんね。

 

 そんな『ケアラー』の方をサポートするために、『ケアラー手帳』があります。

 

<『ケアラー手帳』とは?>

  • 自分自身が『ケアラー』であるという意識をもてるようにすること
  • 『ケアラー』とサービスやサポートをつなぐことで、ケアラーの社会的孤立を防ぐこと

を目的に開発されたものです

  • 『ケアラー』への情報提供、『ケアラー』本人の心と体の健康を守るための健康管理

の機能を持っております

 

Photo by The Marmot

Photo by The Marmot


 『ケアラー』の方が、快適にケアをするための、さまざまなノウハウが記載されているのが、『ケアラー手帳』です。いわば、「母子健康手帳」のケアラー版です。『ケアラー手帳』(汎用版)は、社会福祉法人栗山町社会福祉協議会とともに開発されたものです。また、2012年の調査研究事業にて効果検証を行い、さらにより良いものとなって、多くの『ケアラー』の方をサポートする取り組みを行っています。

 

 また、『日本ケアラー連盟』では、『ケアラー』がおかれている実情を把握し、ケアラーとその家族をを総合的に支援する仕組みや施策を、どのように創造したらよいのかを明らかにするために、日々、調査研究も行っています。

 

 『家族(世帯)を中心とした多様な介護者の実態と必要な支援に関する調査研究』や、『東日本大震災被災地のケアラー(家族など無償の介護者)の実態と今後のケアラー支援に関する調査研究』では、老人保健事業推進費等補助金老人保健健康増進等事業/NPO法人介護者サポートネットワークセンター・アラジンとの共同事業をしています。

 

 『ケアラー』の活動や、『ケアラー手帳』についてご興味のある方は、是非、『日本ケアラー連盟』に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。ケアをする人も、ケアをされる人も、快適で、明るい、社会になっていくことを願っています。

 

※参考資料:

『日本ケアラー連盟』

http://carersjapan.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする