目的別に選ぼう!『福祉車両』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目的別に選ぼう!『福祉車両』

 

 身体に障碍をお持ちの方は、病院にいくときも、市町村へ事務手続きにいくときも、障碍の状況に合わせた車両を利用することが少なくありません。また、福祉関係の仕事につかれている方や、介護施設で働く方、病院の担当者が、福祉車両を利用して、施設の方や患者の方を送り迎えすることが増えてきました。

 

 車メーカー側としても、そうした福祉の立場から望まれる車両の開発が、最近、さらに充実しており、使う側の問題点に即した新しい車を提案しています。一般の方向けの車は、優秀な技術者による絶え間ない研究により、日々素晴らしい車種が開発されています。それと同じように、福祉のための車も、日々進化を続けています。

 

 株式会社HONDAのホームページでは、福祉車両を目的別に調べることができ、とても分かりやすく、必要とする車種までナビゲートしてくれます。ご自分の障碍の状況や、福祉施設に通われている方々の状況に合わせて、さまざまな選び方ができます。

 

  • 車いすのまま乗り降りしたい方:
  • 車いす仕様車

 

  • 『2列目シート』への乗り降りを楽にしたい方:
  • サイドリフトアップシート車

 

  • 『助手席』への乗り降りを楽にしたい方:
  • 助手席リフトアップシート車

 

  • 乗り降りを少し手伝ってほしい方:
  • 助手席回転シート車

 

  • ご自分で運転したい方:
  • 運転補助装置

 

Photo by  aaltonen

Photo by aaltonen


 また、株式会社HONDAでは、昔から、福祉車両について、さまざまな取り組みを行ってきました。『足動運転補助装置』のついた、足で動かす車の開発については、ホームページの「ノンフィクション小説本田技研」というコーナーで開発秘話「安全はこころ」というタイトルで掲載されています。

 

 
サリドマイドのために両上肢障碍をお持ちの方が、車に乗れれば、もっと自由に社会生活が広がるという想いから、HONDAに、『足動運転補助装置』のついた車両の開発依頼をするところから話は始まります。

 

 「自分は生まれて以来、母の助けに支えられてきた。両手が使えない自分だが、運転できる方法はないか。いつも自分をおぶってくれた母を、今度は自分が後ろに乗せて、一度でいい、ドライブ旅行に連れて行ってあげたい」という、両上肢障碍をお持ちの方が、親のために孝行したいという想いの手紙を、足で書き、HONDAの技術開発チームに送ったのです。

 

 『足動運転補助装置』のついた車は、安全のセクションから考えると、あらゆるクレーム、要望がおしよせるだろうことは分かっていました。しかし、安全というと、すぐに『運転技術』と人はいうけれども、それでは解決しないこと。車を楽しく正しく使うというのは、結局、自分を含め、すべての人を大切にするということ。社会的弱者と呼ばれる、子供、高齢者、身体に障碍をお持ちの人たち、すべてを大切にすることだという想いから、国や地方自治体の許可を取り付け、開発に取り組んでいきます。

 

 『HONDA』「安全はこころ」を、是非一度、読んでみてはいかがでしょうか。HONDAの人を大切にする、モノづくりへの姿勢が伝わってきます。

 

 人の幸せのために、今日の自分がいる ――― すべての人がそんな風に思いながら、生きていけるといいですね。

 

※参考資料:

『HONDA』ノンフィクション小説本田技研 第五話「安全はこころ」

http://www.honda.co.jp/novel-honda/kokoro.html

『HONDA』目的別に車を選ぶ

http://www.honda.co.jp/welfare/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする