器具の掃除法もマスターしよう!『福祉施設の掃除』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

器具の掃除法もマスターしよう!『福祉施設の掃除』

 

Photo by  go_greener_oz

Photo by go_greener_oz


 年末は一年の汚れをふき取り、新たな気持ちで新年を迎えたいという想いから、家庭でも企業でも、社内の大掃除を行いますね。もしも、仕事の関係で年末にできなかった場合でも、年始はもちろん、月末など、くぎりのいいときを選んで定期的に掃除をすることは、整理ができるだけでなく、衛生的にもとても重要です。

 

 衛生関連の商品を取り扱っている『サラヤ株式会社』では、例えば、福祉施設などの掃除についての注意点や、おすすめの掃除道具などを紹介しています。福祉の現場をいつも清潔にしておくために、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

<フロアー>

(1)ゴミを取り除く

(2)洗浄・除菌剤を用いて、モップ等で拭く。(必要に応じて水拭きする)

 

<キャビネット・手すり・ドアノブ・ベッド周り・テーブル>

  • 除菌剤を用いて、布等で清拭する。※汚れがある場合は、洗浄・除菌剤で洗浄をしてから清拭する。

 

<洗面台>

(1)洗浄・除菌剤で十分に洗浄し、流水でよくすすぐ。

(2)乾燥させるか、水気を拭き取る。※普段は洗面台の周りができるだけ乾いた状態にする。

 

<車いす・歩行器・つえ>

(1)ハンドリムや肘掛、グリップなど手で触れる部分や椅子の部分も除菌剤を用いて、布等で清拭する。※汚れがある場合、洗浄・除菌剤で洗浄をしてから清拭する。

 

<体温計>

除菌剤を用いて、布等で清拭する。もしくは、アルコール含浸ガーゼ等で拭き取る。

 

<血圧計>

(1)ゴム袋(圧迫帯内部)は、布、除菌剤を用いて清拭する。外側の布は、除菌剤をスプレーして乾燥後に使用する。

(2)使った後は、測定器やチューブも除菌剤で清拭する。外側の布部分は、適時取り外して洗濯する。

 

<トイレ>

(1)便器を洗浄・除菌剤を用いてブラシなどでこすり洗いし、流水でよくすすぐ。

(2)便座は、除菌剤を用いて布等で清拭する。※ポータブルトイレは、仕上げに消臭・除菌剤を使用する。便座は、使用ごとに清拭することでより清潔に保つことができる。

 

 病院などでは、感染症対策などで、病室の入り口には、必ず除菌剤が備えられています。福祉施設でも、障碍の状況に応じて、フロアーや壁、トイレなどと接する範囲も多くなるため、こまめな除菌が必要だといわれています。使うごとに掃除したり、場所ごとに、毎日掃除するところや、曜日を決めて掃除する範囲を決めて、日常の習慣として取り入れることをおすすめします。

 

 除菌をまめにすることで、感染症などの予防ができるうえ、身の回りのことに目が配れますし、いつも周りが整理整頓されることになります。すっきりとした気分が、前向きな気持ちにつながり、毎日をイキイキと明るく過ごすきっかけにもなります。大掃除の際に、掃除のルーティーンを見直してみるのもいいですね。

 

※参考資料:

『サラヤ株式会社』

http://pro.saraya.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする