どういうことなの?『電力小売自由化』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どういうことなの?『電力小売自由化』

 

 最近、「電力の購入場所を自分で決めることができる」という広告をたくさん見るようになりました。いわゆる『電力小売自由化』ですね。家庭や商店が対象となる「電力の小売全面自由化」は、2016年1月から事前受付が本格化、2016年4月からスタートします。

 

 『経済産業庁 資源エネルギー庁』では、電力の小売り自由化について、ホームページで丁寧に解説しています。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/

 実は、『電力小売自由化』は、工場などの大口消費者については、すでに実現しました。最初の『電力小売自由化』は、2000年3月に始まっています。当初は、『特別高圧区分』といわれる大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選ぶことができました。また、新規参入した電力会社(「新電力」といわれています)からも、電気の購入機会が設けられました。

 

 2004年4月・2005年4月には、小売自由化の対象が「高圧」区分の中小規模工場や中小ビルへと徐々に拡大していきました。そして今回、2016年4月1日からは、「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が選べるようになったのです。2016年4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できます。

 

 ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになるといわれても、今までは、電気・ガス・水道は、大きな意味で日本のものだから、大前提が決まっているものだと思っています。まるで、携帯電話の料金コースを決めるように、電気を買うことを自分で決めるようになるなんて、驚きですね。

 

<『電力会社を切り替える』手順とは?>

1:切り替え先の電力会社への申し込み

2:スマートメーターの交換

3:切り替え先の電力会社の電気使用開始

 

<『電力会社切り替えに必要なもの』とは?>

1:現在の電力会社名

2:現在の電力会社のお客様番号

3:供給地点特定番号(ホームページや領収書に記載)

4:切り替え希望日

5:本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)

 

 とはいえ、初めてのことなので心配ごともおおいですよね。例えば、契約した電力会社が倒産したら電気の供給は止まってしまうのだろうか・・とか。その場合は、ただちに供給が停止することはなく、新しい供給元が見つかるまでの間は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)から供給を受けることになります。停電の心配は必要ありません。

 

Photo by Lambroso

Photo by Lambroso


 また、電力会社を変えると、新しく電線を引かなければならないかとか、自分だけ停電が多くなる恐れはないだろうかと心配になりますよね。送電線は、今ある送配電網を使うので新たに電線を引くことにはなりませんし、また、電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じなので問題ありません。契約した電力会社が電気を調達できなかった場合も、送配電網を管理する会社がその分を補給するので、ただちに電気の供給が止まることはありません。

 

 なお、2016年4月まで特段の手続をしなかった場合には、現在契約している地域の電力会社から、今までどおり電気が供給されます。

 

どちらにしても、電気が止まってしまうことがないのでほっとしました。後は、自分のライフスタイルに合わせて、どんなサービスを受けるべきなのか、考えたいですね。そのためには、自分が今どういう生活をしているだけでなく、将来どんな風に暮らしていきたいかも考える必要があります。地球にやさしいエコな暮らしを更に磨いていこうという想いなど、社会についても考える、いい機会にしていきたいですね。

 

※参考資料:

『経済産業庁 資源エネルギー庁』

http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/electric/electricity_liberalization/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする