命を伸ばす長命草

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第182回

 みなさん、こんにちは!

 今年のバレンタインデーはどんな風に過ごされましたか?私はマドンナのコンサートに行ってきました。前日の2時間遅れの開演にちょっとドキドキしつつも、奇跡的(笑)に1時間遅れで始まり、パワフルなステージを堪能したバレンタインでした♪

 さてその直前なのですが沖縄の離島に行ってきました。小浜島と竹富島です。

 そこでとにかくいろんな場面で出て来たのが“長命草”という沖縄ハーブ。「一日一株食べると寿命が一日伸びる」と呼ばれている地元では昔から様々な場面で愛用されてきている植物だそうです。長命草

 沖縄、特に離島の島々ではお医者様がいない時代が長かったこともあり、薬草やハーブを「命草(ヌチグサ)」と呼んで未病対策や改善のために昔から活用されてきているのだそうです。中でもこの長命草はその代表格にあたるものだそうで、島内を散策しているとあちらこちらに生えています。またお茶としてはもちろんのこと、お料理やエステなどでも登場し、八重山といえば長命草というくらいにポピュラーなものだそう。

 そんな風に昔から伝承の中で体に良いものとして受け継がれてきているものって現代の栄養学や科学で分析しても体によい栄養素が多く含まれているものが多いのですが、この長命草もその例にもれずとても栄養価の高いハーブなんです。

 期待される効能としては

・抗酸化作用(活性酸素除去等)
・利尿作用
・美肌作用
・血流改善

 などがあり、栄養素もビタミンA、B、C、E、カロテン、カルシウム、ポリフェノールとなかなかの優秀選手です!

 竹富島では「マンダラー」という97歳をお祝いするしきたりがあり、その日は島を上げてお祭りをし、みなさんご自身の写真をラベルにした泡盛を作られるようなのですが、お食事にいった食堂にこのボトルがたくさん飾ってあって!「マンダラー」の意味を教えてもらってみなさんの元気でお若いお顔にびっくりしたのですが、これだけトータルに栄養素が整ったハーブを毎日?摂取していれば多くの方達が元気に若々しく長生きされて、「マンダラー」を祝われているのも納得です。

 因みにこの長命草、これだけの体にいい効果があるにも関わらず、あまりクセがないのが特徴で、お茶などもとても飲みやすい柔らかい味です。

 日々の生活の中で体にいいお茶を飲みたいけれど、クセの強いものはちょっと・・・という方はぜひこの長命草のお茶、試してみてください。お茶であれば一日一株もあまり大変な話ではないかもしれません。

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする