病院を円滑にサポート!『医療ソーシャルワーカー』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院を円滑にサポート!『医療ソーシャルワーカー』

 

『医療ソーシャルワーカー』をご存知ですか?

 

『医療ソーシャルワーカー』は、社会福祉の専門職の一つです。病院などの保健医療機関で、社会福祉の立場から、患者さんやご家族の方々の抱える経済的・心理的・社会的問題を解決したり、病院や保険などとの調整を援助するなど、社会復帰の促進を図る業務を行います。

 

突然入院することになると、身体の治療のことだけでなく、さまざまな不安や問題を抱えることとなります。そのような患者さんやご家族の相談に乗り、解決のための援助を行うのが『医療ソーシャルワーカー』の仕事です。
 

Photo by Tambako the Jaguar

Photo by Tambako the Jaguar


『医療ソーシャルワーカー』の方々は、多くは社会福祉系大学等の専門教育を修了した後で、病院等の業務についています。社会福祉系大学、大学院卒が、2010年4月現在、83%をしめています。

 

近年は社会福祉士・精神保健福祉士等の国家資格取得者も増えています。また、医療と福祉の連携強化が求められている中で、病院・保健所のみならず、老人保健施設や在宅介護支援センターなどにも活躍の場が広がっています。『医療ソーシャルワーカー』は医療機関における社会福祉の専門職として、患者、そのご家族の相談に応じ、様々な場面で活躍しています。

 

<『医療ソーシャルワーカー』の主な活動内容>

  1. 療養中の心理的・社会的問題の解決や、調整をサポートすること
  2. 退院時のサポートをすること
  3. 社会復帰のサポートをすること
  4. 受診・受療のサポートをすること
  5. 経済的な問題の解決や、調整をサポートすること
  6. 地域の活動や福祉関係に従事すること

 

<『医療ソーシャルワーカー』が受けている質問は?:例1>

  • ご家族からの相談<1>:

「祖父の退院が決まりました。自宅へつれて帰りたいけど、車いす生活になり、家の改造をしなければこのままでは生活できない。また24時間家族だけでは介護に自信がない。どうしたらいいのだろう・・・」

 

  • 『医療ソーシャルワーカー』の対応<1>:

在宅療養ができるように、活用できる社会資源について、検討してご紹介します。介護保険を利用した住宅改修や福祉用具の購入や、介護の手伝いをしてくれるヘルパーサービスのご紹介、通所リハビリなどです。ご家族と一緒にこれからの計画をたてて、在宅復帰にむけた準備をサポートします。

 

 

<『医療ソーシャルワーカー』が受けている質問は?:例2>

  • ご本人からの相談<2>:

「主治医から病状の説明を受けたのですが、緊張していてうまく聞き取れなかった・・・」

 

  • 『医療ソーシャルワーカー』の対応<2>:

ケースバイケースですが、場合によっては、患者とお医者さまとの間に入って、必要となる調整をします。事前に相談を受けた場合は、病状の説明の際に同席して、お医者さまからきちんと説明を聴き、納得された上で方針を決定できるようにサポートします。

 

 次にどんなアクションがおこせるのか、ご本人もご家族も、相談する相手を探していることが少なくありません。これからさらに、福祉の現場での『医療ソーシャルワーカー』の活躍の場は広く、深くなっていくことでしょう。

 

※参考資料:

『公益社団法人 日本医療社会福祉協会』

http://www.jaswhs.or.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする