詳細まで分かりやすい!『内閣府 全国バリアフリーマップ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

詳細まで分かりやすい!『内閣府 全国バリアフリーマップ』

 

 最近は、街やビルが新しく建て替わると、バリアフリーの施設が設けられていることが多くなってきました。障碍をお持ちの方やご高齢の方だけでなく、ベビーカーをひいたお母さんや、大きなトランクをもった海外旅行の方など、バリアフリーでないととても困る方は多くいらっしゃいます。条例で定められていることも一因ですが、そうしたことが社会に理解されてきたことも要因のひとつかもしれません。

 

 今では、新しいマンションの内覧会などでは、バリアフリーの告知が当然のようにされていますね。障碍をお持ちの方のために考えられたことは、実は多くの方が困っていたことでもあります。そこに真摯に目が向けられてきていることは、住みやすく豊かな社会にとって、とても大切なことだと考えます。

 

 しかしながら、戦後急な復興をとげてきた日本は、街づくりにおいては、道や橋を作って、戦争で壊れた街を再生することが急ぎの案件でした。その際、バリアフリーのことはフォローできていなかったのが現実です。そのため、街中を歩いていると、大きな段差だらけの場所も少なくありません。

 

 普段使い慣れている道であればいいのですが、初めて訪れる場所であれば、どこに段差があるか事前に確認しておく必要があります。

 

Phoro by mdid

Phoro by mdid


 『内閣府』では、多くの方にバリアフリーの現状を理解してもらうために、全国のバリアフリーマップをホームページで公開しています。それぞれ、各自治体のバリアフリーマップにつながっており、地域の詳細な地図まで掲載されてとても便利です。

 

『内閣府 都道府県・指定都市バリアフリーマップ等ホームページ一覧』

http://www8.cao.go.jp/souki/barrier-free/link/bfmapken.html

※都道府県等のバリアフリーマップ関連のホームページにリンクしています。

※福祉マップなど地図以外にバリアフリーに配慮した施設紹介情報も含みます。

 

 例えば、『札幌市バリアフリータウンマップ』の場合をご紹介しましょう。

<『札幌市バリアフリータウンマップ』の情報>

 こちらで掲載している施設は、車いす使用者用トイレが設置されております。また、原則として段差がないか、スロープ等により段差が解消されています。

 以下の3項目から検索可能です。

  • 地図から探す:地域別に作られた地図から目的の施設を探す事ができます。
  • 用途から探す:病院や宿泊施設などといった、目的別に検索することができます。
  • 施設名で探す:目指す施設の名称が解っている場合、直接検索することができます。

 掲載されている情報は、調査時点のものです。実際とは異なることがありますので、施設をご利用される際には、事前にお問い合わせください。

 

 初めて訪れる場所でも、上記のような情報を事前にチェックして、スマートフォンに入れて置いたり、手持ちの地図に情報を加えておくだけで、安心して移動することができます。バリアフリーが少ない場所だということが分かっている場合は、事前に駅員さんに相談したり、警察の方にサポートしていただくことで、学校など団体で移動する場合も便利です。

 

 『内閣府』など、全国の情報が集まっているホームページをうまく活用することで、毎日の生活をもっと便利に、快適にしていけるといいですね。

 

※参考資料:

『内閣府 都道府県・指定都市バリアフリーマップ等ホームページ一覧』

http://www8.cao.go.jp/souki/barrier-free/link/bfmapken.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする