怒りをコントロールできていますか?『アンガーマネジメント』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒りをコントロールできていますか?『アンガーマネジメント』

 

 毎日、さまざまな問題が起こります。仕事のこと、家族のこと、自宅で、職場で、街中で・・・。「どうして、こんなことを言うのだろう?」「どうして、気持ちが伝わらないんだろう?」。イライラする気持ちが少ない内は押さえられますが、たまりにたまると、ドカーン!!爆発してしまいますよね。もしくは、ぐっとこらえて、こらえて、こらえずぎて、気持ちの出し方を忘れて、うつ病になってしまうこともあります。怒りのコントロールは、生きていくうえで、とても大切な課題です。

 

 福祉の仕事の現場では、人と人とのコミュニケーションが主な仕事ですから、気持ちの行き違いなどから、摩擦が起こってしまうのは当然です。そうした気持ちとうまく付き合うことも、福祉の仕事に取り組むときの重要な課題のひとつです。

 

 『アンガーマネジメント』を、ご存知ですか?

 

Photo by Hjorthefoto

Photo by Hjorthefoto


 『アンガーマネジメント』は、1970年代、アメリカで始まったアンガー(イライラ、怒りの感情)を、マネジメント(上手に付き合う)するための心理教育のことをいいます。アメリカでは、ビジネスパーソン、政治家、弁護士、医師、スポーツ選手、俳優など、ある職業にとらわれることなく、実に様々な人達が、よりよい生活や仕事、人間関係を手に入れるために、『アンガーマネジメント』の技術を取得しています。

 

<こんな風に思ったことはありませんか?>

  • どうして、あんなに怒ってしまったんだろう?カチンときて言い過ぎてしまう
  • 上司に理不尽な怒り方をされてイライラする。もう嫌だ
  • やるべき事があるのに、イライラが止まらなくて全然集中出来ない
  • 怒らなくても良かったのに、なぜイライラしてあんな事言ったのだろう?
  • 自分の怒りのコントロールの仕方が分からず、正直疲れた
  • 人間関係が上手くいかない。イライラして、それがコミュニケーションにも出ている

 

<『アンガーマネジメント』を取り入れたい理由とは?>

  • 人間関係でトラブルにならないように
  • 子育てで不必要にイライラしないために
  • 職場でイライラせずに効率的に仕事をするために
  • 学校で子どもたちの情操教育の一環として
  • ストレスの高い仕事の人はストレス対策として
  • 怒りにまかせた行動で信頼を失わないため、部下のマネジメントのために
  • 頭を冷静に保ち、最高のパフォーマンスを発揮するために
  • 怒りで失態をしたり、醜態をさらさないために

 

 怒りの根本には、様々な感情が隠されています。その感情がどういうもので、怒りが起こる原因が何か理解できていますか?『アンガーマネジメント』は、怒りを理解して、コントロールをしたり癒すことで、ポジティブなものへ変換させます。すると、自分にたくさんの変化が生まれ、感情がさらに豊かになり、職場での問題解決や、夫婦や友人、人間関係、関係するあらゆる物事に良い循環が生まれます。

 

 福祉の現場では、常にイライラとの戦いがあるかもしれません。『アンガーマネジメント』の講習を受けたり、メソッドを習得して職場全体に取り入れることで、前向きで、明るい毎日にできるといいですね。

 

※参考資料:

『一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会』

https://www.angermanagement.co.jp/

 
ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする