澄んだ歌声が心を癒してくれる!『NPO法人 キャトル・リーフ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

澄んだ歌声が心を癒してくれる!『NPO法人 キャトル・リーフ』

 

 いつも元気で身体を悪くしたことがない人も、突然、病気になることがあります。普段から病院に通っている方とは違って、自分に対する自信まで無くしてしまい、ひどく落ち込んでしまうかもしれません。入院して、病院のベッドに横たわりながら、医師の指導で治療しているときに、誰かの支えや励ましを受けると、涙がでるくらいうれしいものです。人の心の温かさを感じます。自分が健康になったら、今度は自分がそうした役割をして、恩返しがしたいと考えるものです。

 

 多くの方の心に元気と笑顔を届けているのが、『NPO法人 キャトル・リーフ』です。『NPO法人 キャトル・リーフ』は、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているボランティア団体です。

 

 『NPO法人 キャトル・リーフ』は、「笑顔と笑顔の架け橋になりたい」という理念のもと、患者さん、ご家族、メンバーなど、観てくださる方とそれを取り巻く方々、舞台を提供する側の、みんなが笑顔になれる空間をプロデュースすることを目的とした活動を続けていらっしゃいます。

 

 任意団体として発足したのが、2001年。2009年にはNPO法人化となり、茨城、東京の病院を中心に、年間約20施設で公演を行っています。2004年からは、オリジナル作品を年に一本のペースで作成し、これまでに公演回数202回、延べ18,000人の方に、幸せと勇気と希望と感動を届けてきました。

 

Photo by Larry Ziffle

Photo by Larry Ziffle


 『NPO法人 キャトル・リーフ』が、ミュージカルを行うのは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などです。パジャマ姿で、点滴をしたまま、車椅子やストレッチャーに乗って観劇する入院患者さんや、思い思いに声を出してのびのびと舞台を楽しむ特別支援学校の生徒さんたち、「久しぶりにミュージカルを見た」と嬉しそうに目を細めて出演者に握手を求める高齢者の方々など、それぞれが思い思いにミュージカルを楽しむことができます。ミュージカルが上演される会場では、観劇する方々のことを心から願った心配りがされています。

 

 入院中や、身体や心の具合が良くないときは、外出するのもままならないものです。「ミュージカル?行く機会がないな。行くもの恥ずかしいな。でも、パジャマのままや点滴をしながら、車いすのままでいいなら参加しようかな。お医者様や看護婦さんもそばにいてくださるなら、もしも急に気分が悪くなっても安心だな・・・」、そんな想いからご覧になる方が、リラックスしながら、癒しの時間を過ごされています。『NPO法人 キャトル・リーフ』には、医師や看護師の方も参加されています。

 

 公演のたびに心が熱くなるような出会いがあり、舞台を作るために集まった方たちの熱い思い、観てくださった方の「良かったよ」「ありがとう」の言葉に背中を押され、今も大人気で活動を続けていて、素晴らしい舞台を演出されています。

 

 『NPO法人 キャトル・リーフ』では、さまざまな施設で公演を続けていらっしゃいます。活動内容は『NPO法人 キャトル・リーフ』のホームページでも紹介されています。是非一度、涼やかな歌声と楽しいダンス、あたたかい気持ちにふれて見てはいかがでしょうか?

 

※参考資料:

『NPO法人 キャトル・リーフ』

http://quatre.info/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする