世界の取り組みを知ろう!『世界自閉症啓発デー』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の取り組みを知ろう!『世界自閉症啓発デー』

 

 世界には、さまざまな国があり、それぞれの言語を使い、それぞれの国の文化や伝統を守りながら、その国なりの法律で成り立っています。話す言葉や見た目が違ったとしても、同じ人間ですから、共通の社会的課題を抱えていることがあります。その大きな共通点のひとつが、福祉ではないでしょうか。
 

 『世界自閉症啓発デー』をご存知でしょうか。毎年、4月2日に行われており、今年も盛大に開催されました。

 

『世界自閉症啓発デー』とは?

『国連総会』(H19.12.18開催)で、カタール王国王妃の提案によって、毎年4月2日を『世界自閉症啓発デー』(World Autism Awareness Day)とすることが決議されました。全世界の人々に、『自閉症』を理解してもらう、さまざまな取り組みが行われています。日本では、『世界自閉症啓発デー・日本実行委員会』が組織されています。『自閉症』をはじめとする、『発達障碍』などについて、広く啓発する活動を行っています。

 

誤解されやすい『自閉症』

 『自閉症』は、「常に自分の殻に閉じこもっている状態」と考えられたり、「親の育て方が冷たかったということが原因ではないか」と思われることがあります。しかし、これは正しくありません。脳の発達の仕方の違いから、「他人の気持ちや感情を理解すること」や「言葉を適切に使うこと」、「新しいことを学習すること」、一般的な「常識」と思われることを身につけることが苦手なのです。真面目に取り組んでいても、どうしても誤解されることがあるのは、そのためなのです。
また、自閉症の方々はとても「純粋」で、自分の感じたままに話したり、行動したりすることがあり、感覚が過敏であったり、記憶が抜群でとても優秀な方もいます。まわりの人々が、『自閉症』の方々の行動や態度の意味を理解し、愛情をもって支援することにより、『自閉症』の方々は、自分の才能を自由に開花させて、優れた力を大きく育つことができます。

 

Photo by *_*

Photo by *_*


 『世界自閉症啓発デー・日本実行委員会』では、毎年、『世界自閉症啓発デー』の4月2日から8日までを、『発達障碍啓発週間』としています。障碍に関するさまざまなシンポジウムを開催したり、各地のランドマークとなる場所を、ブルーの色でライトアップするなどの活動を行っています。そうした中で、多くの方々に『自閉症』についての理解をしてもらい、もっと『自閉症』について一緒に考えてもらえるような提案を続けています。

 

 『自閉症』をはじめとする、さまざまな『発達障碍』について知ってもらうことや、『自閉症』について理解してもらうことで、『発達障碍』を持った方だけではなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につなげること。それが、『世界自閉症啓発デー』の目的です。

 

 人は、多かれ少なかれ、誰しも違います。それが個性として、誰もが愛される権利を持っています。『世界自閉症啓発デー』で世界の活動を通して、世界がさらに愛情豊かになり、多様性に富んだ未来へ進むようになるといいですね。

 

※参考資料:

『世界自閉症啓発デー』

http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする