合格者から学ぼう!『福祉資格国家試験、合格者の勉強方法』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合格者から学ぼう!『福祉資格国家試験、合格者の勉強方法』

 

 福祉の仕事をしていると、実際の仕事から身に付けていくことも多いのですが、それと同様に、福祉の資格を取得することの重要性を感じることが多いのではないでしょうか。人と人とがふれあいながら、日々を過ごしていく中で、「より良くできる方法があるんじゃないか?」とか、「さらにスキルを身に付けて、福祉現場を快適にしていきたい」といった想いを後押ししてくれるのが、福祉資格なのかもしれません。

 

 国や自治体の福祉制度は、社会が日々刻刻と変化していくのと同じように変わります。それらを適宜受け入れて、現場に反映させていくためにも、専門的な福祉制度について、理解しておくことが重要です。福祉資格の取得は、最新の福祉情報を適切に受け入れていく環境づくりのためにも重要です。

 

 しかしながら、資格を取得するためには、当然ながら勉強が必要です。そんな時、福祉の資格を取得した合格者から、どのように勉強したのか、体験談を交えて勉強の仕方を伝授してくれるのが、『キャリラブ』です。『キャリラブ』では、福祉の資格を取得してキャリアをアップしていくためのさまざまな情報が紹介されていますので、参考にされてみてはいかがでしょうか?

 

◆『キャリラブ』

https://careerlove.jp/

 

Photo by Moyan_Brenn

Photo by Moyan_Brenn


 『キャリラブ』では、実際の福祉試験に合格者の声を参照にして、勉強方法を丁寧に紹介しています。例えば、福祉試験の勉強方法をみてみましょう。福祉試験の勉強方法は、大きく分けて2つあります。ひとつは資格学校に通う方法。もうひとつが、独学で勉強する方法です。

 

 資格学校に通わずに、独学で合格する方法:勉強教材があれば、いつでもどこでも勉強を始められます。資格学校に通うのと比べて、費用もかかりません。しかし、その一方で、自ら計画的に勉強を進めたり、問題を自分の力で理解していく必要があります。合格者が実際に行っていた勉強法は、過去問題を中心に知識を得ていく方法です。『キャリラブ』では、その方法を、順序立てて、丁寧に解説してくれています。

 

 もちろん、福祉の資格の勉強方法はさまざまありますが、「試験に合格した人は、どのような勉強をしていたのだろうか?」という切り口で紹介されていると、説得力が増しますね。こうした勉強方法を取り入れながら資格を取得し、福祉現場をより良いものにされていく方が増えることを願っています。

 

※参考資料:

『キャリラブ』

https://careerlove.jp/certifiedcareworker-how-to-study-1314

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする