知ることから始まる!『パニック障碍』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知ることから始まる!『パニック障碍』

 

『パニック障碍』をご存知ですか?

 

 『パニック障碍』とは、思いがけないときに突然、動悸や息切れ、強い不安を伴う発作(パニック発作)が発生してしまうことをいいます。また、その発作が何度も繰り返されていくうちに、さらに、発作に襲われることに対する『予期不安』や発作が生じる状況に対する『広場恐怖』を感じるようになります。そのため、日々の生活に支障をきたすようになり、一般的な生活ができなくなってしまう症状を引き起こします。

 
 治療が不十分なまま病気が進行してしまうと、『うつ病』や『うつ状態』を併発することもよくあります。そうならないためにも、しっかりとしたケアが必要です。

 

『パニック障碍』の原因とは?

 

 まだはっきりしていないところもありますが、さまざまな研究によると、『パニック障碍』は気持ちのもち方でなってしまうものではなく、脳内の不安に関する神経系の機能異常に関連していることがわかっています。

 

Photo by Krysten_N

Photo by Krysten_N


 『パニック障碍』の方の場合、脳の3つの部分に、通常とは違った変化が起こっていることが指摘されています。脳の各部位のそれぞれがもつ機能にあわせて、『パニック発作』や『予期不安』、『広場恐怖』などの症状があらわれていると考えられています。脳内のこうしたさまざまな部位は、お互いに関連しあってネットワークを作り、私たちの生活をなりたたせています。そのため、脳内のネットワークがうまく機能しないと、こうした活動ができなくなってしまうのです。

 
 『パニック障碍情報サイト こころ陽だまり』では、『パニック障碍』に関する、さまざまな情報を提供していますので、是非、参考にされてみてください。

 

 例えば、『パニック障碍』とうまく付き合うための、気持ちの持ちようなども紹介されています。

 

『パニック障碍』の治療中の生活で気を付けること

(1)心身のストレスを減らす

(2)回復をあせらない

(3)家族にサポートしてもらう

(4)規則正しい生活をおくる

(5)カフェインはひかえる

 

 『パニック障碍』の治療では家族やまわりの理解と協力が不可欠です。自分ひとりでこの病気を乗り切ろうと考えず、本人もまわりも、できるだけこの病気について理解し、明るい明日のために、サポートしてもらいながら、回復に向かっていきたいですね。

 

※参考資料:

パニック障害情報サイト『こころの陽だまり』

http://www.cocoro-h.jp/panic/index.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする