暮らし方を見直してみよう!『大人のアトピー』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暮らし方を見直してみよう!『大人のアトピー』

 

現代の暮らし方や社会環境の影響から、最近の子どもは、食品アレルギーやアトピーを持っている方が昔よりも増えているといわれています。花粉症が増えているのと同じように、環境の変化に対して、人間の身体がなかなか追いついていかないようになっているのかもしれません。

 

花粉症と同じように、最近、増えているのが、『大人のアトピー』だといわれています。『大人のアトピー』は、『アトピー性皮膚炎』とそれ以外のさまざまな要素が関係することで発症するといわれています。

 

  • 『アトピー性皮膚炎』の原因とは?

  ・ストレス

  ・アルコール、飲酒

  ・チョコレート、お菓子、甘いもの、砂糖

  ・たんぱく質

  ・喫煙

  ・ハウスダスト、ダニ

 

『アトピー性皮膚炎』は、余分な代謝物が呼吸、汗、尿、便として、排せつ器官から身体の外へうまく出て行くことができなくなって起こる病気だといわれています。
 

Photo by Paul Stainthorp

Photo by Paul Stainthorp


ジュクジュクした汁のような浸出液は、毛細血管から皮膚の中にしみでてしまった成分です。これが、リンパ管に入るとリンパ液と言われます。リンパ液には、タンパク、糖、脂質、代謝物、水分などが含まれていますが、『アトピー性皮膚炎』では、ここに含まれる成分が原因で、かゆみが起こります。

 

本来は、不要なものとして、排せつ器官から身体の外へ出ていくはずだったものが、身体の機能が低下して、排せつ能力が衰えると、皮膚の弱くて薄いところに溜まります。溜まった皮膚はむくみ、かゆみを持ち、浸出液が出やすくなっている皮膚をかくことで、『アトピー』が悪化してしまうのです。

 

『大人のアトピー』の原因は、こうした、身体の排せつ器官の状態が悪化することに加えて、日々のストレスや睡眠不足が重なり、ひどくなってしまうのです。

 

『新京橋治療院』のホームページでは、『大人のアトピー』を直すためには、まずは、下記の4つの方法で身体にエネルギーをチャージすることだと紹介しています。
 

  • エネルギーをチャージする、4つの方法とは?
  • ・食事

    ・太陽の光を浴びること

    ・呼吸

    ・睡眠

 

大人は、社会生活の中で、さまざまなストレスを感じて、心にも身体にも知らず知らずのうちに負担をかけています。その負荷が溜まってしまったときに、『大人のアトピー』として発症し、「少し身体を休めて、エネルギーを蓄えましょう」と、自らの身体がシグナルを送っているのです。

 

まずは、人間の基本的なエネルギーを蓄える環境づくりを行いましょう。その上で、『新京橋治療院』のホームページなどを参考にしながら、なるべくストレスを感じない暮らし方のコツや生活習慣を身につけることで、『大人のアトピー』にならない、健やかな身体の整え方をマスターしていきたいですね。

 

※参考資料:

『新京橋治療院:大人のアトピー』

http://sot.tokyo.jp/atopi/atopi_otona.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする