お互いの個性を認めよう!『LGBT』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お互いの個性を認めよう!『LGBT』

 

『LGBT』を、ご存知ですか?

 

『LGBT』は、『セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)』の総称のひとつです。

・Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)
・Gay(ゲイ、男性同性愛者)
・Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)
・Transgender(トランスジェンダー、性別越境者、性同一性障碍を含むこともある)

の頭文字をとった単語です。

『トランスジェンダー』には、出生時の身体の性別によって『MtF(Male To Female)』や『Trans woman』、『FtM(Female To Male)』、『Trans man』という表現も用いられています。

 

近年では、『LGBT』にかわって、『SOGI』という言葉で表現されることもあります。『SOGI』は、『Sexual Orientation and Gender Identity (性指向と性のアイデンティティ)』の頭文字から撮った言葉で、誰もがそれぞれのセクシュアリティを持っているという考え方に基づいています。

 
『電通ダイバーシティ・ラボ』の2015年の調べでは、日本の人口の7.6%が『LGBT』であるといわれています。(全国69,989名にスクリーニング調査を実施)ですが、決して少なくはない数であるにもかかわらず、まだまだ『LGBT』の存在は可視化されているとはいえないのが現状です。
 

Photo by Gorupka

Photo by Gorupka


『TOKYO RAINBOW PRIDE』は、そんな『LGBT』をはじめとするセクシュアル・マイノリティ(性的少数者)が、差別や偏見にさらされることなく、より自分らしく、前向きに生きていくことができる社会の実現を目指すイベントの総称です。主な活動として、『LGBT』への理解をもっと社会に広めるために、毎年行っているパレードを主宰しています。

 
『TOKYO RAINBOW PRIDE 2016』のパレードのテーマは、「Step forward, Queers! Step forward Friends! 一歩ずつ、未来へ」でした。東京で開催される『プライドパレード』は多くの方の協力のもと、初の5回連続開催となり、2016年のゴールデンウィークを多くのボランティアとともに盛り上げました。

 

  • 『TOKYO RAINBOW PRIDE 2016』には、たくさんの著名人の方々が、メッセージを寄せています。

  http://tokyorainbowpride.com/messages

 

今年のフェスタ&パレードは、フロート(梯団)数が18、イベント広場でのブース出展は約120と、いずれも過去最高となり、また、動員も過去最高で、5月7日のフェスタが23,000人。5月8日のパレードの日は、パレード4,500人、沿道&会場43,000人で、47,500人。フェスタ&パレード2日間合計で、70,500人を記録しました。

 

『プライド(Pride)』という言葉は、英語の一般名詞で、「誇り・矜持」を意味しますが、それだけでなく、『セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)のパレード』を指すものとして、今では広く国際的に認知されています。欧米諸国をはじめ世界の主要な都市では、この『プライド』と称される『セクシュアル・マイノリティ』のパレードが、毎年の恒例行事として開催されます。ニューヨークやサンパウロでは、100万~200万人の動員を記録する巨大な規模のものもあります。

 

世界各地で開催される『プライドパレード』のきっかけは、1969年6月28日ニューヨークで起こった『ストーンウォール事件』でした。彼らが自分たちの存在を主張した悲しい事件である『ストーンウォール事件』の1周年を記念するデモ行進が、ニューヨークをはじめアメリカ各地で行われ、それがその後、毎年恒例となり、さらに世界中に広がって、現在まで続く『プライドパレード』につながっていきました。

 

『TOKYO RAINBOW PRIDE』では、今後も着実な歩みを一歩ずつ続けることで、まだパレードに参加できていない当事者の方や、まだ性的少数者への理解が十分でない人たちと、将来共に歩いていきたいとさまざまな活動に取り組んでいます。

 

普段は違う場所で、違う活動をしている様々な背景の人々が、たった一日だけでも一体となり、当たり前のように虹が架かる未来を目指し、楽しくパレード行進する。『東京レインボープライド』のパレードが、世界のさまざまな方の希望となるように・・・。こうした『TOKYO RAINBOW PRIDE』の主催者の想いがかない、すべての人が生きやすい世界になることを願っています。

 

※参考資料:

『TOKYO RAINBOW PRIDE』

http://tokyorainbowpride.com/whats-lgbt

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする