お子さまに合った教育が未来をつくる!『発達障碍を守り育てる』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お子さまに合った教育が未来をつくる!『発達障碍を守り育てる』

 

最近では、大人の発達障碍が職場でのコミュニケーションづくりにおける、課題のひとつになっているといわれています。発達障碍は、子どもにも大人にもある障碍です。小さいときに発達障碍の状況を適切に教育することで、症状を緩和し、また、特別で素晴らしい才能をすくすくと伸ばしてあげることもできます。

 

お子さまに合わせた教育をすることは、持って生まれた力に翼をつけて、人生という大空に、高く飛び立たせ、幸せな毎日を過ごしていくために、とても重要です。

 

Photo by stefan2904

Photo by stefan2904


『発達障害や学習障害の子ども達をサポートする Leaf』は、「学習」のやり方や苦手部分、今後の課題や悩みなどについて、アドバイスやヒントをもらえる学習教室・相談機関です。お子さまも親御さんも、安心して気兼ねなく相談できる所が欲しいという希望に合わせて、今後も、多くの方が心から相談できる場所であることを目指し、日々、さまざまな取り組みを行っています。

 

『Leaf』にいらしたお子さまには、こんな変化があったそうです。

 

・数字などへの興味が高まった

理解できることが増え、勉強を楽しく感じるようになり、50分の授業の中で集中できる時間が長くなってきた。

 

・自分の意思を言葉で相手に伝えることできた

今までは苦手だったが、カードなどを用いて意思表示ができるようになった。

 

・行きたくないと言うことがない

『Leaf』に行きたくないということがほとんどない。授業も分かりやすく、先生とも話しやすいようで、授業時間を楽しんでいるように思える。

 

・リラックスして、自分自身を表現できるようになった

リラックスしながら、自分自身を表現できている。その姿をモニターで確認できるので、親御さんも安心できる。無理がないので、あたたかな心地よい空間を感じられる場所。

 

以下のような症状が見受けられた場合、発達障碍のための適切なケアを早めにすることで、その後のお子さまの才能の伸びをサポートし、日々、精神的に落ち着いた時間を過ごせるようになります。

 

  • ルールの理解が苦手
  • 勉強がきらい、難しくて眠くなってしまう
  • 計算問題ができない
  • ひらがなが書けない
  • 絵や図形を描くのが苦手
  • 人前での発表が苦手、緊張しやすい
  • 勉強中に座っていられない
  • じっと話を聞いていられない
  • お友達と仲良く遊べない
  • 作業を無理にとめるとかんしゃくを起こす

 

現在こうした状況のお子さまも、『Leaf』で過ごすうちに、落ち着いて自分の作業に集中したり、お友達や先生との距離の保ち方を自然なかたちで身に付けることができるようになります。

 

大人であっても、一番苦労するのがコミュニケーションだったり、自分自身の性格だったりしますよね。その状況に悩むだけでなく、まわりの力にサポートしていただきながら、対策方法を探して豊かな毎日を過ごしていきたいですね。

 

※参考資料:

『発達障害や学習障害の子ども達をサポートする Leaf』

http://leaf-school.jp/lp/pc15001kansai/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする