介護事業をコンサルティング!『介護事業研究会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護事業をコンサルティング!『介護事業研究会』

 

自宅のポストに、不動産のチラシが入っていることが良くあります。新築物件、中古物件、賃貸マンションなど、多くの分譲物件が告知されています。土地をお持ちの方は、土地活用のひとつとして、マンションなどを建設して、賃貸事業をされている方もいらっしゃいます。

 

Photo by JoeInSouthernCA

Photo by JoeInSouthernCA


最近では、土地を活用したマンション建設の中でも、高齢者住宅を開設したり、高齢者介護施設の建設に取り組む方も少なくありません。今後、高齢化社会が進んでいくと、通常のマンションよりも介護サービス付きのマンションの需要が高まると見られているからです。

 

しかし、通常のマンションと高齢者住宅や介護付き住宅では、建設内容や運営方法、自治体への申請内容などが大きく違ってきます。そういった高齢・介護事業に取り組む方のために、『介護事業研究会』では、経営戦略の立案に役立つ最新情報の提供や、高齢者向け情報誌発行など、様々な介護事業の支援と向上を目指したサービスをしています。

 

    介護事業のための『介護事業研究会』の主なコンサルティング業務とは?

  • 高齢者住宅解説コンサルティング
  • 介護事業運営コンサルティング
  • 土地活用コンサルティング
  • 介護事業向け物件紹介
  • 交付金申請・資金調達支援
  • セミナー・研修会の開催

 

また、上記のような『介護事業コンサルティング』の他にも、『介護事業を行っている事業者や施設長に向けたセミナー』や、事業所運営者の要望に応じて『事業所で働いている職員の方に向けた研修』も行います。『新規開設に伴う研修』や、『社内研修』なども、幅広い企業が活用しています。

 

『介護事業研究会』の介護スタッフ研修で活用されるセミナーとは?
~プロの介護スタッフとしての心構えを学びます~

 

(例1)『組織・会社で働くということはどういうことかを学ぶセミナー』

介護と介助の違いや、介護を受ける方の心情を理解し、介護とは何かを スタッフに再度認識してもらうための研修です。介護を受ける方の人生のラストステージに携わる者として、どのような心構えで働くべきかを、スタッフ自らが考えます。福祉の組織で働く意義、意味、心構え、何故ルールがあるのか、どのような働き方を求められているのかなどを説明します。

 

(例2)『介護保険の理解を深めるセミナー』

介護保険の内容を、正しく理解しているスタッフが少ない現場において、介護保険の内容をレクチャーするセミナーです。実際に、自分の親が介護状態になったとき、「どのような選択方法をしていくべきなのか」、「どのように介護保険を活用するか」を、具体的に、わかりやすく解説するセミナーです。

 

介護事業に関わる事業者が、円滑に事業を運営していくために、コンサルティングやセミナーは非常に役立ちます。今まで気付かなかったポイントを洗い出し、問題点として掲げることで、現場を良好にしてくれます。『介護事業研究会』をはじめとする、介護事業のプロフェッショナルの意見を参考にしながら、事業者もスタッフも一丸となって、理想の環境を築いていかれることを願っています。

 
※参考資料:

『介護事業研究会』

http://www.kaigoken.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする