認知症を知り、サポートをする!『認知症サポートキャラバン』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症を知り、サポートをする!『認知症サポートキャラバン』

 

高齢化社会が浸透していくと同時に、『認知症』の患者の数も増えています。『認知症』を介護する老夫婦が、生きることに疲れてしまい命を絶ってしまうといった悲しいニュースも伝わってきます。

 

『認知症』は、大変な病気です。今までできていたことができなくなり、それを当事者も理解できず、家族はただ病状を受け入れ、介護を続けていくしかない病です。介護をしている方が疲れ切り、病気になってしまう例も少なくありません。

Photo by matsuyuki

Photo by matsuyuki


 

『認知症サポートキャラバン』では、『認知症』の人とその家族をサポートしていく活動を行っています。認知症の人と家族への応援者である、『認知症サポーター』を全国で多数養成し、『認知症』になっても安心して暮らせるまちづくりを目指しています。

 

  • 『認知症サポーター』は、どんな活動をするの?

「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
何かを、特別にやってもらうものではありません。『認知症』を正しく理解し、『認知症』の人や家族を温かく見守る『応援者』になってもらいます。そのうえで、自分のできる範囲で活動します。

 

例えば、このような活動をします。活動内容は人それぞれです。

 

  • 友人や家族にその知識を伝えること
  • 『認知症』になった人や、家族の気持ちを理解するよう努めること
  • 隣人あるいは商店・交通機関など、街・町で働く人として、できる範囲で手助けをすること

 

『認知症サポーター』の中から、地域のリーダーとして、まちづくりの担い手が育つことも期待されます。『認知症サポーター』は、『認知症』を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指しています。

 

また、『全国キャラバン・メイト連絡協議会』では、都道府県、市区町村などといった自治体と、全国規模の企業・団体等と協催で、『認知症サポーター養成講座』の講師役(キャラバン・メイト)も養成しています。養成された『キャラバン・メイト』は、自治体事務局等と協働して『認知症サポーター養成講座』を開催して、さらに『認知症サポーター』を増やす活動を行っています。

 

『全国キャラバン・メイト連絡協議会』は、『キャラバン・メイト』を養成するほか、『サポーター講座開催』への支援や、全国の『キャラバン・メイト』や『認知症サポーター』の養成数を把握するなど、本部機能を担っています。

 

  • 『全国キャラバン・メイト連絡協議会』

東京都新宿区市谷田町2-7-15近代科学社ビル4階

電話:03(3266)0551 FAX:03(3266)1670.

 

『認知症』は、決して一人で悩んだり、家族だけが負担を背負うべきものではありません。社会全体が、地域一丸となって、『認知症サポーター』となって協力してサポートしていくよう取り組みが始まっています。

 

誰もが安心できる未来のために、誰もが、「今日も良い一日だったな」「しあわせで、いとおしい日だったな」と、毎日を振り返りながら眠りにつける暮らしのために、協力しあえる社会づくりを目指していきたいですね。

 

※参考資料:

『認知症サポートキャラバン』

http://www.caravanmate.com/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする