みんなで啓蒙しよう!『デフリンピック』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなで啓蒙しよう!『デフリンピック』

 

『デフリンピック(Deaflympics)』をご存知ですか?

 

『デフリンピック』は、身体に障碍をお持ちの方のオリンピックである『パラリンピック』に対して、ろう者のオリンピックとして、世界で注目されているスポーツの祭典です。

 

Photo by NWharry

Photo by NWharry


『デフリンピック』の夏季大会は、1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオーストリアで初めて開催されました。障碍をお持ちの当事者である、ろう者自身が運営する、ろう者のための国際的なスポーツ大会であり、また参加者が国際手話によるコミュニケーションで友好を深められるところに大きな特徴があります。

 
 
『デフリンピック』に参加する、世界中のろう者は、主として『国際手話』を使ってコミュニケーションをしています。世界各国の手話は、それぞれの国ごとに歴史があり、内容が違います。しかし、『デフリンピック』をはじめとする、さまざまな国際交流の中で、世界中に通じる手話が作られてきました。

 

『デフリンピック』を、運営しているのは、『国際ろう者スポーツ委員会(International Committee of Sports for the Deaf)』です。1924年の設立から、『デフリンピック』や、『ろう者世界選手権大会』の開催、各国のろう者スポーツの振興など、さまざまな取り組みを続けている組織で、現在は、世界104カ国が加盟しています。

 

『パラリンピック』と『デフリンピック』の関係ですが、実は、『国際パラリンピック委員会(International Paralympic Committee)』が、1989年に発足した当時は、『国際ろう者スポーツ委員会』も、『パラリンピック』に加盟していました。しかし、『デフリンピック』の独創性を追求するため、1995年に組織を出たため、現在は、『パラリンピック』に、ろう者が参加できない状況が続いています。現在は、両方とも障害の存在を認めた上で競技における卓越性を追求する考えに転換してきました。

 

『デフリンピック』の独創性とは?

・コミュニケーション全てが、『国際手話』によって行われます。

・競技は、スタートの音や、審判の声による合図を、視覚的に工夫する以外、『オリンピック』と同じルールで運営されています。

・『パラリンピック』は、リハビリテーション重視の考えで始まったのに対し、『デフリンピック』は、ろう者仲間での記録重視の考えで始まっています。

 

『デフリンピック』のロゴマークは、ろう者のデザイナー、ラルフ・フェルナンデス(Ralph Fernandez)さん作です。国際的なろう者スポーツのコミュニティの、ポジティブでパワフルなシンボルです。「手話」「ろう文化」「結束と継続」といった強い要素がこのロゴマークに集約されているのですが、さらに、手の形が「OK」「GOOD」「GREAT」を意味するサインも重ねられています。それは、同時に『デフリンピック』の手話や「結束」を表現しています。ロゴマークの中央には、「目」を表したデザインがあり、ろう者が、視覚中心の生活を営んでいることを示しています。また、赤色、青色、黄色、緑色はアジア太平洋、ヨーロッパ、全アメリカ、アフリカと4つの地域連合を表現しています。

 

『デフリンピック』の今後の活動にも、注目していきたいですね。

 

※参考資料:

『デフリンピック』

http://www.jfd.or.jp/deaflympics/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする