介護しやすくリフォームしよう!『介護保険や助成金でリフォーム』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護しやすくリフォームしよう!『介護保険や助成金でリフォーム』

 

住まい探しをするときは、理想の暮らし方を想像しながら行います。が、それと同時に、自分が毎日どんな暮らしをしていて、便利に生活するには、何が必要なのか、具体的な内容も検討することが成功のコツだといわれています。

 

renovation_Qole Pejorian

renovation_Qole Pejorian


持っている荷物の量、仕事の内容、障碍をお持ちの方はその状況など、自らの毎日を振り返る必要があります。そして、快適な生活の為にはどんな住まいが必要なのか、また、探し出した住まいに、どんなリフォームをする必要があるかを検討しましょう。その上で、介護保険や助成金をうまく利用して、経済的な負担を社会にサポートしてもらえると安心ですね。

 

リフォーム会社選び実績No.1サイトの『ホームプロ』では、介護保険や助成金をリフォームに活用する基礎知識も紹介されていますので、是非、ホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

介護が必要となった場合には、住まいのバリアフリー化は緊急課題です。そのために要介護者、または要支援者が、『バリアフリー工事』を実施する場合には、『介護保険』を使うことで、20万円を限度として、費用の9割が支給されます。こうした、『高齢者住宅改修費用助成制度』を利用して、介護リフォームを進めることで、経済的な負担を軽減することができます。

 

『高齢者住宅改修費用助成制度』の受給対象者は?

・要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること

・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること

 

助成額は?

・助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円)

※工事費の9割を支給

 

助成金支給対象となる介護リフォーム工事の種類とは?

・手すりの取り付け

・段差の解消

・滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更

・引き戸等への扉の取り替え

・洋式便器等への便器の取替え

・その他、下記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

・手すりの取り付けのための壁の下地補強

・浴室の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事

・床材の変更のための下地の補強や根太(床板を支える横木)の補強

・扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事

・便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)便器の取替えに伴う床材の変更等

 

必要書類は?

・領収書(本人名義)

・工事費内訳書

・改修完了確認書(改修前・後の写真を添付)

 

届け出先は?

必要書類を揃えて、市町村の介護保険課に届け出ます。

※『高齢者住宅改修費用助成制度』についての詳細は、各市町村で異なる場合があります。リフォーム工事をする前に、どんな状況だと助成金が下りるのか、また、どんなリフォーム会社に、いくらで相談が進んでいるのかなど、工事の契約をする前に、必ず進行予定の内容を説明しに、各市町村の窓口までお問い合わせください。

 

なお、必ず契約前に各市町村の窓口に相談にいくことが、トラブルを回避するポイントですので、絶対に気を付けましょう!

 

※参考資料:

『リフォーム会社紹介サイト ホームプロ』

https://www.homepro.jp/

『介護保険や助成金でリフォーム』

https://www.homepro.jp/kaigo/kaigo-money/1260/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする