介護トレーニングのプロになろう!『介護予防運動指導員』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護トレーニングのプロになろう!『介護予防運動指導員』

 

『介護予防運動指導員』をご存知ですか?

 

Photo by rwkvisual

Photo by rwkvisual


『介護予防運動指導員』とは、高齢者の方が要介護者にならずにすむよう、筋力トレーニングや運動を通して、身体のケアを行うことができる資格を持った方のことをいいます。多くの方々に、年齢を重ねても、生き生きとしたライフスタイルを過ごしてもらうために、適切な運動のアドバイスを行うことができます。

 

『介護予防運動指導員』は、高齢者自身が、体を動かしたり食事を改善したりするよう働きかけていく仕事なので、まずは高齢者と良好な関係を築くコミュニケーション力が必要ですし、大切なポイントです。また、『介護予防プログラム』は、効果があったかどうかを測定し報酬に反映する制度があるため、機能訓練・筋力トレーニング・栄養状態改善・認知症予防など、効果的な『介護予防プログラム』の立案や、実施に必要な知識や指導技術が求められます。

 

老人ホームやデイサービスセンターなどの介護福祉施設、訪問介護サービス会社などでの仕事に求められる資格です。その他にも、この分野へ新たに参入しようとしている運動機器メーカーや介護用品レンタル会社、スポーツクラブなどでも、必要とされている資格です。地方自治体の介護予防事業を受託している会社や、自社の施設内のみならず市民センターや学校の体育館など、公の施設で運動指導をする機会などでも、役立つ資格だといえるでしょう。

 

『介護予防運動指導員』の資格を取得するためには、『財団法人東京都高齢者研究・福祉振興財団』などが指定する、受講施設やスクールを受けることが必要になります。

 

<『介護予防運動指導員』の受験資格>

・『介護福祉士』や『社会福祉士』といった所定の資格を保有し、実務経験が2年がある方

 

<費用と取得期間のめやす>

・費用は8万円前後を基準にしているものが多い。

・最短1ヶ月で取得が可能。

 

『介護予防運動指導員』とは別に、『東京都健康長寿医療センター研究所』が主催している、『介護予防主任運動指導員養成事業』があり、そちらでも、同じように介護のための運動方法を学ぶことができます。しかし、『介護予防主任運動指導員養成事業』では、資格を授与されるものではありませんので注意しましょう。『介護予防運動指導員』と学ぶ内容はほとんど変わりませんし、受験資格に福祉に関する国家資格を前提としています。すでに、『介護予防運動指導員』該当する資格を保有している方はこちらの講座を受講されることで、より知識を深めることができます。

 

福祉の仕事で必要な資格は、『介護福祉の資格一覧表』のホームページでたくさん紹介されています。今、福祉現場で働いていらっしゃる方がもっとスキルをつけて活躍したいと思われる場合はもちろん、福祉業界に勤務するために、まずは必要となる知識を得たいと思われる方におすすめのサイトです。

 

『介護予防運動指導員』をはじめ、多くの方が、さまざまな福祉資格を学ぶことで、福祉現場のことをもっと理解し、福祉が充実した社会になることを願っています。

 

※参考資料:

『介護予防運動指導員』

http://介護資格一覧.net/syoukai/yobouundo.html

『介護福祉の資格一覧表』

http://介護資格一覧.net/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする