ずっと健康でいるために運動を!『ロコモチャレンジ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ずっと健康でいるために運動を!『ロコモチャレンジ』

 

年齢を重ねるごとに、身体を動かすのがつらくなったり、今までは問題なくできていたことが、すごく大変になったりすることがあります。これは、身体が加齢を原因として、徐々に衰えていってしまうからです。こうした運動器の障碍のために、移動機能が低下してきた状態のことを、『ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)』といいます。

 

『ロコモティブシンドローム』は、進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。『ロコモティブシンドローム』は、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった、運動器のいずれか、あるいは複数に障碍が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のことをいいます。進行していくと、日常生活にも支障が生じてくるため、2007年、『日本整形外科学会』は、人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据えて、『ロコモティブシンドローム』という概念を提唱しました。

 

いつまでも自分の足で歩き続けていくためには、運動器を長持ちさせて、『ロコモティブシンドローム』を予防することで、健康寿命を延ばしていくことが必要とされています。

 

『日本整形外科学会』と『株式会社博報堂』は、『ロコモティブシンドローム』を、医療・企業・行政の枠を超えて社会的に取り組むテーマであると考えて、『ロコモティブシンドローム』を啓発し、『ロコモティブシンドローム』に負けない社会をつくるために、『ロコモ チャレンジ!協議会』を立ち上げています。高齢者の運動器の問題を、日本社会全体のチャレンジ!と位置づけて、『ロコモ チャレンジ!』というアクションワードも設置しました。

 

『ロコモ チャレンジ!』とは?
(1)『ロコモティブシンドローム』をしっかり予防するチャレンジ!

(2)『ロコモティブシンドローム』の正しい知識を広めるチャレンジ!

(3)整形外科を受診するチャレンジ!

 

つまり、生活者、社会、医療の3つの視点から「チャレンジ!」を宣言することで、高齢者や中高年だけの問題ではなく、社会全体の問題として、『ロコモティブシンドローム』の一般化をはかっているのです。

 

Photo by brettlohmeyer

Photo by brettlohmeyer


実は、骨や筋肉の量のピークは20~30代なのです。骨や筋肉は適度な運動で刺激を与えて、適切な栄養を摂ることで、強く丈夫に維持されます。弱った骨や筋肉では、40代、50代で身体の衰えを感じやすくなり、60代以降になると、思うように動けない身体になってしまう可能性があるといわれています。

 

筋肉や骨と同様に、軟骨や椎間板にも、運動や生活活動をすることで、適正な負荷をかけることが必要です。ただし、過度なスポーツや過体重によって「負担をかけられすぎる」と、軟骨や椎間板は、逆に傷んでしまうことになりますし、やせすぎると筋肉や骨は弱くなってしまいます。また、肥満もやせすぎもよくありません。

 

日々の食生活、適切な運動が、健康寿命に欠かせないことが分かりますね。毎日の生活を振り返り、ずっと健康でいるために気を付けていきたいですね。

 

※参考資料:

『日本整形外科学会公認 ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト』

https://locomo-joa.jp/locomo/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする