スポーツの今を知ろう!『スポーツTOKYOインフォメーション』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツの今を知ろう!『スポーツTOKYOインフォメーション』

 

Photo by burge5k

Photo by burge5k


『リオデジャネイロ オリンピック』が、近づいてきました。選手の紹介や活躍を応援する情報がTVやインターネットでもたくさん配信されるようになってきています。特に、東京が次のオリンピックの開催地ということもあり、スポーツを見るだけでなく、運営や開催国としての役割の果たし方など、さまざまな視点からオリンピックを見る方がいるのではないでしょうか。

 

その東京では、ただオリンピックを開催するだけではなく、スポーツを通じて、福祉・社会の充実を図り、多くの方々の人生を豊かなものにするために、さまざまな取り組みが行われています。その情報が紹介されているホームページのひとつが、『スポーツTOKYOインフォメーション』です。

 

『スポーツTOKYOインフォメーション』は、東京都のスポーツ情報ポータルサイトとして、主に、下記のようなカテゴリーで情報を掲載しています。

 

  • 『スポーツTOKYOインフォメーション』で紹介されている情報とは?

・スポーツ施設を探す

・イベントに参加する

・障碍者スポーツを知る

・地域スポーツクラブについて

・競技力の向上について

・政策情報について

 

中でも、『障碍者スポーツ』については、「障碍があってもスポーツ活動ができるよう、障碍に応じて競技規則や実施方法を変更したり、用具等を用いて障碍を補ったりする工夫・適合・開発がされたスポーツ」と定義して、さまざまな情報を提供しています。『障碍者スポーツ』は、アダプテッド・スポーツともいわれ、当初は、医学的なリハビリテーションを目的として発展した側面もあったものの、現在では、障碍をお持ちの方だけではなく、障碍をお持ちでない方も一緒に楽しむスポーツとして、さまざまな広がりをみせています。

 

特に、東京都では、年齢、性別、そして障碍の有無を問わず、誰もがスポーツに親しむ「スポーツ都市」を目指しており、平成22年に『スポーツ振興局』を設置して、『障碍者スポーツ』も『スポーツ行政』として一体的に推進しています。さらに、平成24年には、国や全国の都道府県で初の取組となる『障碍者スポーツ振興計画』を策定しました。東京都における、『障碍者スポーツ振興』の方向性や方策等をとりまとめています。『障碍者スポーツ振興計画』に基づきながら、『障碍者スポーツ振興』に関する、さまざまな施策に取り組んでいます。

 

また、東京以外の地域でも、『障碍者スポーツ事業』を、企画・実施する際の参考情報を集めた事例集も紹介されていますので、ご覧になられてみてはいかがでしょうか。初めて『要害者スポーツ』の事業を企画しようと考えている方や、今までの取組をより発展・拡充させたいと考えている方には、運営方法や取り組み方などが細かく紹介されているので、参考になるかと思います。

 

  • 障碍者スポーツプロデュースマニュアル(障碍者スポーツ取組事例集)

※ページの中ほどから、PDFがダウンロードできます。

https://www.sports-tokyo.info/sportsforthedisabled.html

 

東京だけでなく、多くの地域や国で、障碍者スポーツへの取り組みが行われています。良い企画をしたり、スムーズな運営するために、それぞれの団体がみんなで知恵を絞っています。それは、人間の知恵の資産ともいえるでしょう。有効に活用し、さらに、自分たちのアイデアを盛り込んで、次の方に使ってもらうことで、多くの地域で、ますます充実した開催ができることを願っています。

 

※参考資料:

『スポーツTOKYOインフォメーション』

https://www.sports-tokyo.info/

『障碍者スポーツプロデュースマニュアル(障碍者スポーツ取組事例集)』

※ページの中ほどから、PDFがダウンロードできます。

https://www.sports-tokyo.info/sportsforthedisabled.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする