冷えすぎても、暑すぎてもNG!『夏の冷房対策』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷えすぎても、暑すぎてもNG!『夏の冷房対策』

 

Photo by Kanko

Photo by Kanko


ことしの夏も暑いですね。夏は暑いモノとは分かっているものの、日中の外気の暑さや、夜の部屋の熱気など、激しい気温上昇に気が休まりませんね。熱中症対策については、毎日の天気予報でも注意喚起が続いているので、何かしらの対策には取り組んでいると思います。しかし、暑さ対策が行き過ぎたせいで、最近は『冷房病』なるものが、冷房が苦手な女性だけではなく、男性の間にも浸透しているといわれています。

 

冷房のきいた部屋にいると、「ちょっと肌寒い」と感じることがありますよね。そうした状態を、長時間、あるいは毎日のように続けていることで、実は、身体に大きなストレスをかけることになります。影響を受けるのは特に、『自律神経系(交感神経と副交感神経)』だといわれています。

 

暑い季節になると、本来であれば、『副交感神経』が活発に働いて、血管を拡張させて体内の熱を外に出そうとします。しかし、冷房で身体が冷えていると、反対に体温を逃がさないように、『交感神経』が働いて血管を収縮させてしまいます。そのため、身体の血流が悪化し、冷えなどの症状が起こり、その状態が続くと、だんだんと『自律神経』がダメージを受けて、体温調節が上手にできなくなってしまいます。

 

普通であれば、暑い外から、冷房の効いた部屋に入ると、少したつと身体全体が温まって、発汗します。ところが、『冷房病』になると、身体がなかなか温まらず、汗もかきにくくなります。汗をかかないと、『乳酸』などの疲労物質が体内にたまるため、全身のだるさや疲れやすさ、さらには『夏バテ』の原因になってしまうのです。

 

さらに、猛暑の外と、冷房の効いた部屋を出入りしていることで、『自律神経』が対応できずに混乱しはじめます。血液の流れだけでなく、胃腸の働きや、ホルモン分泌の調整などの機能も担っている『自律神経』の不調は、全身にさまざまな症状を起こす原因になるといわれています。冷房を多用する夏は、しっかりと『夏の冷房対策』をとることが重要です。

 

『冷房病』や『冷え性』の予防ポイントとは?

(1)冷房の設定温度は25~28℃を目安にして、寒さを感じないレベルにしましょう。

(2)冷房の効いた部屋と外気との温度差は、3~4℃が理想です。

(3)冷房の風には、直接当たらないように気を付けましょう。

(4)腹巻や厚手の靴下など、ポイントを温める服装を心がけましょう。

(5)冷房の効いた場所では、温かい食べ物や飲み物をとるようにしましょう。

(6)適度に体を動かして、血流の改善を意識しましょう。

(7)シャワーよりも、できるだけ入浴(低めの湯温で)しましょう。

(8)なるべくストレスをためないように、気を付けましょう。

 

  • 『オムロン ヘルスケア株式会社』の『健康コラム』

http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/

 

『オムロン ヘルスケア株式会社』のホームページの『健康コラム』では、人々の健康をサポートするために、医療情報をベースにした、さまざまな情報が紹介されていますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。今年の夏も、冷房病にも、熱中症にも気を付けて健康的な暮らしをしていきたいですね。

 

※参考資料:

『夏の冷房対策』

http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/13.html

『オムロン ヘルスケア株式会社』の『健康コラム』

http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする