子どもたちをサポート!『発達障碍学習支援サポーター資格』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちをサポート!『発達障碍学習支援サポーター資格』

 

Photo by Enid Yu

Photo by Enid Yu


現在、全国の一般小中学校では、約68万人もの『発達障碍』の子どもたちが、知的な能力の遅れがないにも関わらず、学力の獲得や進路選択で困っているといわれています。子どもたちの学習面や進路での問題は、子どもたち自身の自尊心を傷つけ、将来の活躍の機会を奪うことにつながり、個人的にも、社会的にも、大きな損失となっています。

 

『発達障碍』の子どもたちのよき理解者、よき導き手となる学習支援者を養成することで、子どもたちが、自らの可能性を発揮し、社会で活躍することを支援するために、『発達障碍学習支援サポーター資格』が誕生しました。

 

『発達障碍学習支援サポーター資格』では、専門教育を受けていない方であっても、発達障碍の特性理解から、学習指導の実践ノウハウまで、基礎からしっかりと体系的に学ぶことで、発達障碍の子どもたちのサポーターとして、さまざまな知識を身に付けることができます。

 

『発達障碍入門講座』や『基礎理解講座』など、基礎部分の講座から受講することで、子どもたちに向けた、よりよい支援提供を基礎から学ぶことができます。また、発達障碍についてすでに知識をお持ちの、臨床心理士、社会福祉士、教員、保育士、看護師等の専門資格保有者の方は、『資格養成講座』から受講することで、短期間で学習支援に関するノウハウを学ぶことができます。

 

  • 『発達障碍学習支援サポーター 3級』

発達障碍のある子どもたちへ、学習支援を実践するために求められる、実際的なノウハウを凝縮した講座です。学習支援ノウハウの全体像を把握し、支援に求められる考え方や方法論が学べます。

 

  • 『発達障碍学習支援サポーター 2級』

学習支援の指針や具体的対応を考えていく上で、必要となるアセスメントの基礎知識や実際的ノウハウを学びます。現場で、子どもたちとの関わりの中で行うアセスメントから、専門アセスメントデータの読み取り方まで、幅広い内容です。

 

  • 『発達障碍学習支援サポーター 1級』

個別的理解や、専門知識を活用した学習支援の具体的、実際的内容を学びます。

 

  • 『発達障碍学習支援コーディネーター』

『発達障碍学習支援サポーター』の指導・育成・評価のノウハウを学びます。また、実際の学習現場でのコーディネート(保護者対応、行政対応、教育機関対応、医療機関対応などを含む)についても身に付けることができます。

 

『発達障碍サポータースクール』のホームページでは、『発達障碍学習支援サポーター資格』について、さらに詳しく紹介されていますので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

『発達障碍学習支援サポーター』の資格が、『発達障碍』で苦しむ子どもたちや親御さん、先生、サポートの方々の不安や悩みが改善され、未来に向けて、才能が開花されていくきっかけになることを願っています。

 

※参考資料:

『発達障碍サポータースクール』

http://cysa.or.jp/saposuku/

『発達障碍学習支援サポーター資格』

http://cysa.or.jp/saposuku/supporter/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする