暑い夏も、風邪に気を付けて!『夏風邪の対処法』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏も、風邪に気を付けて!『夏風邪の対処法』

 

毎日、うだるような暑さが続いています。ここ最近は、気温が30度を越えてもそんなに驚かなくなりました。というのも、35度や37度といった、まるで発熱したときの体温のような気温となっている日があるからです。地球が、どんどん暑くなっているのを感じますね・・・。

 

熱中症の問題もあるので、誰しも、冷房をうまく使いながら、夏の体調管理に気を付けているのですが、ついうっかり、冷房を使いすぎてしまうと、夏風邪にかかってしまうこともあります。夏風邪はやっかいな病気で、身体がだるくなったり、熱がでたりして、体力が奪われがちな夏場をさらに厳しいものに変えてしまいますから、注意が必要です。

 

Photo by kanonn

Photo by kanonn


夏風邪とは、夏の時期に特化して流行する『ウイルス感染症』のことをいい、これらを総称して、一般的に夏風邪と呼んでいます。

 

冬に流行するウイルスは、寒冷や乾燥を好む『ウイルス感染症』なのに対して、夏かぜのウイルスは、高温・多湿を好む『ウイルス感染症』であり、梅雨時から夏にかけて活動性が増して流行します。

 

夏風邪の主な原因ウイルスは、『エンテロウイルス属のエコーウイルス』、『コクサッキーウイルス』、『アデノウイルス』といわれ、これらのウイルスが、夏風邪の代表的な症候といわれている『ヘルパンギーナ』や『手足口病(てあしくちびょう)』、『咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)(一般に「プール熱」と呼ばれるもの)』などを発症します。

 

その他にも、高熱、のどの痛み、せき、おう吐・下痢、目やに(眼脂)、発疹などといったように、夏風邪ウイルスが原因とみられる症状や経過があれば、これらも含めて夏風邪と呼ばれることが多いようです。

 

ウイルス感染の主な予防方法とは?

(1)ウイルスに接触しないようにすること

<方法>

ウイルスが流行っている場所に近づかないことが大切です。それが不可能な場合でも、なるべくウイルスに接触しないよう、せきの飛沫(ひまつ)に対してマスクを用いたり、おう吐物、下痢などの処理には、ゴム手袋を使用することなどの方法があります。感染者とのタオルの共用なども避けましょう。

 

(2)接触しても、感染・発症する前にウイルスを排除させてしまうようにすること

<方法>

手洗いや、うがいが基本です。さらに、自分自身の免疫力が十分働けるよう、体力を維持しておくことも大事です。普段から、十分に栄養と休養をとりましょう。ウイルスを退治してくれるのは『免疫力(主にリンパ球)』です。体力を保ち、免疫力が十分働けるような状態にしておけば、ウイルスが侵入しても、発症する前に快方に向かうこともあります。調子が悪ときは無理せず、しっかり栄養を取って、早く寝ましょう。

 

暑い夏は、エアコンを使用しますが、気温の急激な変動も体調をこわしやすい原因のひとつです。身体の冷え具合にあわせて、適切に、足や肩の保温を行うことも大切です。医療に関する情報を提供しているサイト『メディカルiタウン』では、夏風邪をはじめ、さまざまな季節に合わせた体調の維持について紹介しています。

 

  • 『病院検索、医療に関する情報提供サイト:メディカルiタウン』

http://medical.itp.ne.jp/

 

季節に合わせて、適切な身体のケアをすることで、一年中、病気に負けない身体づくりをしていきたいですね。

 

※参考資料:

『病院検索、医療に関する情報提供サイト:メディカルiタウン』

http://medical.itp.ne.jp/

『夏風邪の対処法』

http://medical.itp.ne.jp/iryou/kisetsu-shoujou/natsukaze/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする