法改正でどこが変わったの?『障害者総合支援法』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法改正でどこが変わったの?『障害者総合支援法』

 

Photo by pbuergler

Photo by pbuergler


『障害者総合支援法』は、もともとは、『障害者自立支援法』といい、平成25年4月からその法律が一部改正され、、障害をお持ちの方の日常生活、及び、社会生活を総合的に支援するための法律として生まれ変わった法律のことをいいます。

 

『障害者総合支援法』は、『障害者基本法』の基本的な理念のもと、『身体障害者福祉法』や、『知的障害者福祉法』、『精神保健、及び、精神障害者福祉に関する法律』、『児童福祉法』、その他、障害をお持ちの方、及び、障害をお持ちのお子さまの福祉に関する法律とともに、基本的人権で守られた個人としての尊厳を守ることを目的にしています。

 

例えば、日常生活、又は、社会生活を営むことができるように、必要とされる、障害福祉サービスの給付や、地域生活支援事業、その他の支援を総合的に行われることを記しています。

 

障害をお持ちの方、及び、障害をお持ちのお子さまの福祉の増進を図り、障害にかかわらず、国民として、相互に人格と個性を尊重しあい、お互いが安心して暮らすことのできる、地域社会の実現に取り組むことを目的にしています。

 

<新しく創設された、『障害者総合支援法』の基本理念とは?>

(1)全ての国民が、障害の有無にかかわらず、等しく、基本的人権を有する、かけがえのない個人として尊重されること

(2)全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に、人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現すること

(3)可能な限り、身近な場所において、必要とする日常生活、又は、社会生活を営むための支援を受けられること

(4)社会参加の機会が確保できること

(5)どこで誰と生活するかについて、選択の機会が確保され、地域社会において、他の人々と共生することを妨げられないこと

(6)社会的障壁を除去すること

 

また、『障害者総合支援法』では、障害とみなされる範囲も変更されました。それにより、今までは、「制度の谷間」と言われていた、さまざまな難病の方々にも、障害福祉サービスを利用することができるようになりました。

 

<見直された、障害とみなされる範囲とは?>

(1)難病患者など、症状の変動などにより、『身体障害者手帳』の取得ができないが、一定の障害がある方々に対して、障害福祉サービスを提供できるようになった。

(2)これまでは、補助金事業として、一部の市町村での実施であったものが、より多くの市町村において提供可能な範囲がひろがった。

(3)受けられるサービスが、『ホームヘルプサービス』、『短期入所』、『日常生活用具給付』だけではなく、新しい『障害者総合支援法』に定められた、『障害福祉サービス』にもひろがった。

 

法律は、人々の暮らしや人生を守るために定められています。法律が施行されて、ある程度の時期をむかえたら、再度内容や状況を検討し、さらに新しい法律へと改正していくことはとても大切です。『ケアプランのイーライフ』では、福祉や介護に関するさまざまな情報をホームページで紹介しています。

『ケアプランのイーライフ』

http://www.ee-life.net/

 

いつもお世話になっている福祉サービスも、ときどき、元となる法律が改定されていないか確認し、豊かで、過ごしやすい毎日を送っていきたいですね。

 

※参考資料:

『ケアプランのイーライフ』

http://www.ee-life.net/

『障害者総合支援法』

http://www.ee-life.net/hatena/s_sou_sien.html
 
ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする