自分をケアしなくなること『セルフネグレクト』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分をケアしなくなること『セルフネグレクト』

 

TVのニュースでときどき取り上げられる、ゴミ屋敷問題。自らが暮らしている部屋や家に、捨てるべきゴミをためてしまって、ご近所迷惑などの社会問題を引き起こしています。ゴミ問題は、とても極端な例かもしれませんが、誰しも、部屋が汚れていたり、机の上や中を整理しないでぐちゃぐちゃになっていたりすることがあるのではないでしょうか。そうした状態は、もしかすると、『セルフネグレクト』かもしれません。

 

Photo by ai3310X

Photo by ai3310X


『セルフネグレクト』とは、直接の意味は「自分自身への怠慢(たいまん)」と訳されています。『セルフネグレクト』は、一般的には「自己放任」とも呼ばれていますが、「自分への関心がなくなる」ということです。自分に関心がなくなってしまうと、日常生活にさまざまな支障がでてきます。

 

例えば、人間関係が希薄になったり、何に関しても投げやりになってしまったりします。一般的に、みんなが持っているような「自分を満たすための欲求」を感じなくなり、その状態が続いていくと、社会から疎外されていくことに繋がります。「自分への関心がなくなる」理由のひとつに、頑固さがありますが、頑固な人でも自分の好むことは行うでしょう。もしも、生活において、「自分への関心がなくなる」ことや、「自分を大切にしない」といった傾向があるのであれば、『セルフネグレクト』かもしれません。

 

『セルフネグレクト』の症状とは?

(1)自分のために行うべき身の回りのことを行わなくなる。

※定期的で健康的な食事をとることもなくなり、食欲自体がないようにみえる。

 

(2)風呂やシャワーといった清潔さへの関心も薄れ、洗濯していない服をずっと着ている。

※家の掃除も行わなくなり、ゴミ屋敷のようになっていく。

 

(3)状況を改善するための手助けやアドバイスを頑固に拒絶する。

※症状が悪化しても支援を断ることが多いため、悪循環となってしまう。

 

『セルフネグレクト』が起こる原因とは?

(1)人間関係の悪化

(2)家族や自分の病気、認知症や心の病

(3)震災や災害など

 

『セルフネグレクト』の対処方法とは?

(1)話をよく聞く

(2)生活にはりを与える

(3)見えるところから正すようにしない

(4)自治体の支援にも精通しておく

 

『セルフネグレクト』が起こる原因は、人間関係や病気、震災などの災害です。ということは、誰もに起こり得ることだと言えるかもしれません。また、日本では、仕事でも家庭でも、我慢することが美徳とされている歴史に影響を受けていることもあります。あまりにも我慢しすぎて、自分の意見を押さえつけているうちに、自分を大切にすることを忘れてしまうことだって無いとはいえませんよね。

 

まずは、自分の気持ちを知り、自分を大切にするところからはじめてみませんか。せっかく、生まれてきて、こうして生きているのですから、自分の命をいたわり、気持ちを癒し、必要とあれば、「サポートをしてほしい」とまわりや自治体の窓口に声をかけてみましょう。同じ人間ですから、みんな同じ悩みをもったこともあるはずで、受け入れてくれる窓口があるはずです。自分が、家族が、『セルフネグレクト』がどうか、一度、考えてみる時間を持たれることを願っています。

 

※参考資料:

『遺品安心ナビ セルフネグレクト』

https://www.ihin-fundex.com/self-neglect-cause

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする