パラリンピックを盛り上げよう!『パラサポ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラリンピックを盛り上げよう!『パラサポ』

 

『リオ オリンピック』が閉会しましたね。どの競技も、一生懸命練習し、一分一秒を記録更新のために費やした選手の魂の姿が感じられて、たくさんの感動するシーンが生まれました。

 

さあ、これから『リオ パラリンピック』がはじまります。TVでも、競技の様子が以前よりも多くの時間放映されるといわれています。みんなで、『リオ パラリンピック』を、応援しましょう!

 

Photo by The Department for Culture, Media and Sport

Photo by The Department for Culture, Media and Sport


『パラリンピック』には、オリンピック終了後に、オリンピックと同じ開催都市で行われる『もう一つの(Parallel)+オリンピック(Olympic)』という意味があります。

 

『パラリンピック』は、今から約70年前に、スポーツをリハビリに取り入れていた、イギリスのストーク・マンデビル病院が院内で開催した、患者によるスポーツ大会が始まりといわれています。

 

1960年の『ローマ オリンピック』と同じ年に行われた大会(第9回国際ストーク・マンデビル競技大会)を、後に第一回大会とし、1964年東京大会が第二回大会となり、現在に至ります。『パラリンピック競技大会』は、世界最高峰の障碍者スポーツ大会へと発展し、トップアスリートが高いパフォーマンスを競う世界的なイベントになって、全世界の注目を浴びています。

 

2012年の『ロンドン パラリンピック』には、164カ国、4,237人の選手が参加しました。観戦チケット販売枚数は、約278万枚になり、多くの競技会場で観客席が満員になり、史上最多の観客動員数を記録したといわれています。

 

選手ひとりひとりの頑張りと、多くの方々の協力を得て、今では、『パラリンピック』は、『オリンピック』、『サッカーワールドカップ』についで、世界で3番目に大きなスポーツイベントに成長しました。2020年には、東京に『パラリンピック』がやってきます。同一都市で2回目の開催は、世界初のケースです。パラリンピックの開催は、目に見える『ハード面のバリアフリー』はもちろん、人々の意識を変える『心のバリアフリー』を成熟させます。障碍をお持ちの競技選手が、東京に集結し、日々の鍛錬で磨いた競技で競い合う姿に、多くの方々が感動を分かちあうことでしょう。それと同時に、障碍をお持ちの方もそうでない方も、ともに過ごしやすいハード面、ソフト面の提案も、開催国である東京の使命だと感じています。

 

『パラサポ』では、『パラリンピック』を応援するためのさまざまな情報が掲載されています。

『パラサポ』
https://www.parasapo.tokyo/

 

『パラサポ』で『パラリンピック』の情報を集めながら、『リオ パラリンピック』をみんなで応援したいですね!

 

※参考資料:

『パラサポ』

https://www.parasapo.tokyo/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする