必要なサポートを受けよう!『ディスレクシア』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

必要なサポートを受けよう!『ディスレクシア』

 

世の中には、たくさんの書物があります。読書をするために文字を読む以外にも、黒板に書かれた文字を理解することで教育を受けたり、電車に乗るために、電光掲示板を見たり、人とコミュニケーションをとるために、メールを読むなど、文字を通じたやり取りは暮らしに欠かせないものになっています。

 

しかし、知的に問題はないものの、こうした読み書きの能力に著しい困難を持つ症状があります。充分な教育の機会があり、視覚・聴覚の器官の異常が無いにも関わらず、こうした症状が現れた場合のことを、『ディスレクシア』といっています。

 

あまり知られてはいない症状であるため、悩んでいらっしゃる方も少なくありません。社会がもっと『ディスレクシア』の症状を知ることにより、『ディスレクシア』の方が生きやすい社会になるよう理解していることが必要です。

 

Photo by CharNewcomb

Photo by CharNewcomb


『ディスレクシア』とは、ディス(dys)はギリシャ語の「困難」「欠如」という意味を持ち、lexiaは「読む」という意味から作られた言葉です。
 
 

『ディスレクシア』の特徴とは?

・読み書きの困難があります。

・日本では、人口の5%から8%くらい存在しています。

・欧米では、人口の10%から15%くらい存在しています。

・ぜんぜん読めないことではなく、正確さと流暢さに問題があるといわれています。

・LD(learning disabilities-学習障碍)というよりは(learning difference, difficulties)ととらえる場合もあります。

・音と記号である文字をつなげる能力(音韻認識)が弱くなっています。

・記号である文字の形や、構成している部分が、正しく認識できません。

・脳科学やDNA分析などで、解明されてきていることもあるといわれています。

 

『ディスレクシア』の症状とは?

・文字が、上空から見た摩天楼のように目に刺さってくる感じがしたり、近づいた文字が遠くの文字を隠し、行も、違う行に移行してしまったりします。色のシートを使うことで落ち着いてみえるといわれています。

・文字が躍る、動く、ねじれることで、どこにどの文字があるかわからなくなり、文字を書き写そうとすると、どの文字のどこを写していたかわからなくなってしまいます。

 

解決方法の一例

・見やすいフォント(丸ゴシックなど)、見やすいサイズ(12ポイント程度。弱視用だとしばしば大きすぎる)、行間を充分に空けるなどの工夫をする。

・漢字は、文字を一つずつ見せたり、4文字熟語であれば、4文字熟語ごとみせる。

・行ごとに隠して、窓を作ってみせる。

・色つきの透明フィルターでカバーする。

・音声で聞かせて意味を取る。

・ATなど、補助的な機材を使用する。

・特別支援教育支援員のサポートを受ける。

・静かな環境で読み書きをする。

・試験での時間延長を願い出る。

 

『特定非営利活動法人EDGE』のホームページでは、『ディスレクシア』の人が生きやすい社会になるために、さまざまな取り組みが紹介されています。

 

  • 『特定非営利活動法人EDGE』~ディスレクシアの人が活きる社会に~

http://www.npo-edge.jp/

 

『ディスレクシア』であるかどうかは、その方の外見からは判断できません。また、症状を共有することも厳しいことが少なくありません。『特定非営利活動法人EDGE』の活動を通じて、みんなが『ディスレクシア』を理解し、その方々をサポートできるような社会づくりに貢献できるように取り組んでいくことを願っています。

 

※参考資料:

『特定非営利活動法人EDGE』~ディスレクシアの人が活きる社会に~

http://www.npo-edge.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする