手話で通訳しよう!『手話通訳士』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手話で通訳しよう!『手話通訳士』

 

『手話通訳士』という資格を、ご存知ですか?

 

手話を使って、聴覚障碍者等と、その他の者の意思疎通を仲介することを『手話通訳』といい、その『手話通訳』を行う者のことを、『手話通訳士』といいます。『手話通訳士』になるためには、『手話通訳』に関する知識・技能について、審査・証明を行う必要があり、それをしているのが『手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)』です。

 

厚生労働省の調査によると、(「平成18年身体障害児・者実態調査」)、「聴覚・言語障碍者」の数は約36万人(大人:343千人、自動:17.3千人)といわれています。コミュニケーション手段としては、「手話・手話通訳」や「筆談・要約筆記」等が活用されています。

 

『手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)』をすることによって、手話通訳技能の向上を図っています。また、『手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)』によって、手話通訳者に対する社会的信頼を高め、聴覚障碍者等の社会参加を促進するねらいもあります。

 

手話の発展を図るとともに、手話通訳事業の適切な実施を確保することで、誰もが暮らしやすい社会づくりを目指しているのです。

 

『社会福祉法人聴力障害者情報文化センター』では、厚生労働大臣の認定を受けて、『手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)』を実施しています。手話技能の審査・証明事業の実施、及び、『手話通訳士』の登録事務に取り組んでいます。

 

  • 『社会福祉法人聴力障害者情報文化センター』

http://www.jyoubun-center.or.jp/

 

Photo by Alberto..

Photo by Alberto..


ところで、聴覚の障碍は、加齢によって、障碍が進行する場合も少なくありません。その際は、補聴器をつけたりなど、日常生活をスムーズに過ごすためのケアが必要になります。そんなときは、一人で悩みがちですが、そのせいでストレスがたまり落ち込んでしまうこともあるので、下記のような窓口に気軽に相談してみることをおすすめします。

 

  • 『社会福祉法人聴力障害者情報文化センター』

FAX 03-6833-5005 TEL 03-6833-5004

メールアドレス soudan@jyoubun-center.or.jp

 

【生活相談】

学校や職場での悩み、家庭内の悩み、夫婦問題、子育ての悩み、就職についての悩み、健康についての悩み、福祉制度を利用したいが情報がない、自分にあった制度は、など

【精神保健相談】

気持ちが落ち込んでいる、やる気がでない、もしかしたらうつ病かな?夜眠れない、不安感がある、アルコール(お酒、ビールなど)がやめられない、死にたくなるときがある、病院には行きたくないなど

【きこえの相談】

いつも使っている補聴器が最近合わないと感じる、テレビや家族の声が聞きにくい、補聴器の使いこなし方など

【メンタルヘルス支援】

メンタルヘルス全般

 

障碍は、誰にでも起こりうることです。もしも、自分や家族に予兆をを感じたときは、必ず、自治体などの窓口に相談しながら、解決方法を探っていくようにしましょう。また、民間機関の中には、思ったよりも費用がかかるものもありますから、自治体や国の機関をうまく活用しながら、正しい解決方法を根気よく見つけるように気を付けたいですね。

 

※参考資料:

『手話通訳士』

http://www.jyoubun-center.or.jp/slit/

 

『社会福祉法人聴力障害者情報文化センター』

http://www.jyoubun-center.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする