アートでセラピーを!『臨床美術士』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アートでセラピーを!『臨床美術士』

 

『臨床美術士』という資格をご存知ですか?

 

『臨床美術士(クリニカル・アーティスト)』とは、『臨床美術(クリニカルアート)』を実施するスペシャリストの資格です。

 

『臨床美術』とは?

本格的な芸術性を有し、独自のアートプログラムに沿って創造的な活動を行うことにより脳機能の活性を促すことを目的として開発されました。

『臨床美術』は、主に認知症高齢者、MCI(前認知症の人)、心に問題を抱えた子どもや発達が気になる子ども、子どもの感性教育、一般社会人のメンタルヘルスケアなどを対象に実施されています。

 

『臨床美術士』とは?

誰もが苦手意識を持つことのないように工夫されたアートプログラムを通して、参加者の感性を引き出し、生きる意欲の創出にまで繋げていく専門家と位置づけられています。

 

認知症ケアの臨床においての『臨床美術士』の活動とは?

(1)医師による診断とともに行う活動

(2)臨床美術士による、認知リハビリテーションとしての芸術活動

(3)ファミリーケア・アドバイザーによる介護者への精神的支援としての活動

 

Photo by sayot

Photo by sayot


『臨床美術(クリニカルアート)』がひろがるにつれて、『臨床美術』を実施するスペシャリストの養成が、芸術造形研究所をはじめ、大学、自治体主催講座で進められています。それと共に、2002年から、『日本臨床美術協会』が、『臨床美術』の専門的な訓練を受けた合格者を『臨床美術士(クリニカル・アーティスト)』として資格認定することで、『臨床美術士』水準維持に努めています。

 
臨床美術士の資格には、経験や習得度により5~1級までの段階があります。『臨床美術士』の活動の中に、一定の等級以上となってはじめて行えるものもあります。例えば、2級以上は、作品を制作するためのプログラムである、『臨床美術アートプログラム』の作成も手がけています。

 

アートプログラムは、下記などの項目をポイントにして、複数の『臨床美術士』によって練り上げていきます。

 

(1)感性への刺激があるか

(2)それぞれの表現を追及できる(個性的な作品が生まれる)か

(3)誰でも無理なく制作に入れるか

(4)作業的にならないか

 

これらを実現するために、制作工程、素材、アプローチの方法まで、多角的に検討し、多くの方に楽しんでいただけるよう、さまざまな工夫を凝らして、アートプログラムが作成されていきます。

 

なお、『芸術療法』は一般的に『アートセラピー』といわれていますが、日本においての『アートセラピー』は、主に、心理療法からのアプローチが多くなっています。『アートセラピスト』と呼ばれる人たちも、絵によって心理分析をする人と認識されている傾向があります。

 

『日本臨床美術協会』では、美術をもちいたアプローチを説明する上で、さまざまな混乱を避けるために、『アートセラピー』と『臨床美術』は明解に区別しています。

 

『アートセラピー』よりももっと臨床に近い『臨床美術士』の活動について、『日本臨床美術協会』のホームページでさまざまな情報が紹介されています。

 

  • 『日本臨床美術協会』

http://www.arttherapy.gr.jp

 

是非一度ご覧になって、『臨床美術士』の素晴らしい活動について知ってみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『日本臨床美術協会』

http://www.arttherapy.gr.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする