力を集中しよう!『集中力の鍛え方』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

力を集中しよう!『集中力の鍛え方』

 

仕事でも勉強でも、効率よく知識を得たり、能力を高めるためには、集中力が大切だという話をよく聞きます。集中力があれば、仕事が進むスピードが速くなり、勉強もどんどん覚えることができるようになるので、集中力の高め方を身に付けるコツなどが、TVやネットでも特集されることがあります。

 

また、集中力があるときに仕事をすると、仕事の進み方が早くなります。朝のほうが集中できるという理由から、残業を無くして、早朝出勤を奨励する企業なども増えてきました。仕事や勉強を取得しやすくするための集中力は、どのようにしたら、身に付けることができるのでしょうか。

Photo by Amir Fazlic

Photo by Amir Fazlic


 
『NO LOVE, NO TEAM』のホームページでは、主にバスケットボールとチームについてをコンテンツに、さまざまな記事を紹介しています。チームで迷い悩む方に、自分を知って進むことができるように、さまざまなメンタルの情報を紹介しています。その中のひとつとして、集中力の鍛え方についても紹介されています。

 

『NO LOVE, NO TEAM』とは?

「チームに愛( I )の感触を」をコンセプトにして、仲間を大切にするチーム作りの方法論と、バスケットボールを主なコンテンツとしています。「仲間を大切にすることは個人の能力を発達させ、あらゆる問題を解決する最高の手段である」という信念が、一つでも多くのチームに浸透することを目指して、柔らかく温かい組織づくりの手法を示す中で、チームの成員一人ひとりが固い結束と満足を得られるにはどうすればいいかを明らかにしています。仕事をする上で、仲間やまわりとの協力体制を高めるために悩んでいらっしゃる方にとって、とても参考になる情報が掲載されています。

 

集中力が続かない原因とは?

(1)メンタルが不安定

自分の力で精神を安定させ、心が乱されている状態をなんとかする術を知ることが大切です。落ち着かない状態で集中力を発揮することはとても難しいことです。瞑想をすることで、深い腹式呼吸を意識しましょう、酸素を取り込んで自律神経のコントロールを取り戻すことができ、余計な無意識の想念を排除し、いま取り組むことだけをはっきりとクリアにして無意識に刻み付けることができ、集中力が増します。

 

(2)1つのことを行い、同時進行を避ける

次にやることを考えながら仕事に取り組んだり、明日の食事のことを考えながらシュートを打ったりするのは賢くないことです。身体が動こうとしているときに、脳の無意識が別のことに占拠されてしまい、集中力が続きません。自分が何をしようとしているか、イメージをすることの邪魔になるからです。イメージこそが正確な行動の基礎なので、取り組むべきことは一つに絞るようにしましょう。

 
その他にも、『NO LOVE, NO TEAM』には、『環境を整理すること』や『体調管理を優先すること』、『睡眠と昼寝を重視すること』など、集中力を高めるためのコツがたくさん紹介されています。

 

仕事や勉強を効率よく行い、仕事や友人との人間関係を円滑に進めていくためにも、『NO LOVE, NO TEAM』の記事を参考にしながら、集中力の高め方を学んでみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『NO LOVE, NO TEAM』

http://nolovenoteam.com/concentration-method-3152.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする