知って強くなろう!『発達障碍の就職サポート』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知って強くなろう!『発達障碍の就職サポート』

 

『大人の発達障碍』がニュースでも話題になり、その存在を多くの方が知る機会が増えてきました。それは同時に、自分が『発達障碍』だということを知る機会にもなる可能性があります。

 

『発達障碍』であることに気づいても、すでに就職している方は、自分の仕事や社会的な立場の中で、適切にこなしていく道を探していくことになります。

 

しかし、就職する前に『発達障碍』だと知った場合は、『発達障碍』のケアをしながら就職活動をしていく必要があります。『プラス・ユー』は、『発達障碍』で、得意不得意が極端で能力が上手く活かせず、大学での勉学や就職に悩む学生を支援するプロジェクトです。

 

  • 発達障碍に悩む学生のための就職支援プロジェクト『プラス・ユー』

http://www.plus-u-sfsuisei.org/

 

※『プラス・ユー』は、あくまで勉学や就職のサポートであり、発達障碍の診断は行っておりません。診断は医療機関にお問い合わせ下さい。

 

発達障碍は、人によって症状、能力の障害や特徴が異なります。相手の感情の理解や自己管理が苦手、けれどもある分野に対して圧倒的な知識を記憶しているなど、障碍の困難さも目立ちつつも、その一方で、非常に優れた能力が発揮される場合もあります。

 

『発達障碍』の方の特徴とは?

・何らかの原因で脳が上手く働かず、『物事の理解』『コミュニケーション』『社会性』『学習』『注意力』などが欠けている、もしくは異常に過剰になる。

・上記により、極端な特性が生まれ、『発達障碍』ならではの、特別な能力を持つ。

・自分の特性を知らず、人間関係や社会で能力を上手く生かせないことが多々ある(環境や教育が原因ではない)。

・特性と向き合い、きちんとしたサポートがあれば、社会で有益な力が発揮でき、自立していくことができる。

 

『発達障碍』の方が持つ能力とは?

・環境の変化に極端には弱いが、ルーティンワークなどには非常に強い力を発揮する。

・他人の感情は理解できないが、得意な分野の知識は豊富である。

・集中力がなくケアレスミスが多いが、周囲に対しての気配りが上手にできる。

・授業の黒板を書くことは苦手であるが、録音したものを聞いて勉強をすることができる。

 

Photo by pretendtious

Photo by pretendtious


『発達障碍』に悩む学生のための就職支援プロジェクト『プラス・ユー』では、障碍者のための就労移行事業所での経験を生かして、学生の勉学や就職のサポートに取り組んでいます。非常に見極めが難しい障碍である『発達障碍』は、全国的にみても『発達障碍』に対する支援がないのが現状で、多くの学生がサポートを求めています。

 

これから社会に出ていく時期は、誰もが緊張して、不安になっています。自らが『発達障碍』をかかえるのであれば、なおさらです。

 

『プラス・ユー』の活動は、多くの学生たちを勇気づけ、自らの特別な能力を認識することで、自信をもって、社会で精一杯に力を発揮するための原動力となることでしょう。

 

社会福祉の観点からも、『プラス・ユー』のこうした活動に、これからも注目していきたいですね。

 

※参考資料:

発達障害に悩む学生のための就職支援プロジェクト『プラス・ユー』

http://www.plus-u-sfsuisei.org/

 
ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする