話をしよう!『よりそいホットライン』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話をしよう!『よりそいホットライン』

 

生きていると、誰もが困難にぶつかります。

 

自分でも実は気になっていたけれど、なかなか解決できなかったことや、まわりの人に相談するのを迷ってしまうようなこと、どこに相談していいか分からないようなことなど、人生の困りごとは多岐に渡ります。困っている人は、困りごとに対してどんな風に解決したらいいのか、どこから手をつけたらいいのかわからない、また、解決する勇気ももてないことがあります。

 
そんな悩みを、まずは聞くことで、一緒に解決していく活動をしているのが『よりそいホットライン』です。

 

Photo by H.L.I.T.

Photo by H.L.I.T.


『よりそいホットライン』では、どんな人の、どんな悩みにもよりそって、一緒に解決する方法を探してくれます。全国どこからでもかけることができ、秘密は守られます。電話相談の専門員がお待ちしているので、ひとりで悩みを抱え込まずに、お電話されてください。

 
電話回線の中には、自殺予防やDV、性暴力、セクシャルマイノリティの専門回線もあります。また、外国語の方や、聞き取りが難しい方のための対応窓口もあります。
 

  • 『よりそいホットライン』

http://279338.jp/yorisoi/#top

 

・電話:0120-279-338

(携帯電話、PHS、公衆電話からも繋がります)

 

・FAX:03-3868-3811

(通話による聞き取りが難しい方は、FAXでの相談にも応じています)

 

電話をかけたら、音声ガイダンスが流れるので、相談した番号を選びます。

下記がその番号の一覧表です。

 

(1)暮らしの中で困っていること、気持ちや悩みを聞いてほしい方

(2)外国語による相談(Helpline foreigners)

英語、中国語、韓国・朝鮮語、タイ語、タガログ語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、ネパール語

(3)性暴力、ドメスティックバイオレンスなど女性の相談

(4)性別や同性愛などに関わる相談

(5)死にたいほどのつらい気持ちを聞いてほしい

(8)被災者の方で困っている方

※(8)番が、急に番号が飛んでいますから、気を付けて下さい。

 

 

また、『よりそいホットライン』では、『よりそいホットライン』の活動をより多くの方にひろめるために、チラシやカード、バナーを制作して、配布しています。地域でも配りたい方やネットで掲載されたい方などは、希望のご連絡をされることで、入手することができます。

 

  • 『よりそいホットライン』のチラシ、カードなどのPDFダウンロード

http://279338.jp/yorisoi/#call

 

 

どうしていいか、本当に分からないときは、一人で抱え込まずに、『よりそいホットライン』で、アドバイスをもらいましょう。

 

また、まわりでそんな人がいるかもしれませんから、学校や企業、団体活動を行う先に、『よりそいホットライン』のチラシをダウンロードして、より多くの方が手に取れるように配慮するなど、みんなで気を付けていく社会にしていきたいですね。

 

※参考資料:

『よりそいホットライン』

http://279338.jp/yorisoi/#top

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする