まず相談!『東京都ひきこもりサポートネット』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず相談!『東京都ひきこもりサポートネット』

 

毎日、仕事をしたり、学校にいったり、家事をしたりと、人はそれぞれ社会の中で役目をもって生活しています。しかし、何かがきっかけで、どうしても家の外にでることができなくなり、また、家族としか関係をもてなくなってしまい、一般的にいう『ひきこもり』になってしまうことも少なくありません。

 

現代社会では、家族のサポートがあれば、自宅にずっとこもっていることもできなくはありませんし、インターネットやTVなどを見ていれば、社会の動きなども分かりますから、自分からアクションしなくても、生きていくことができるのも事実です。

 

しかしながら、月日が流れれば、家族の方もいつまでも元気にサポートできるとは限らず、また、社会とますます離れていってしまうことに危機感があるのは事実です。

 

『東京都ひきこもりサポートネット』では、「ひきこもり」に悩まれている方々からの相談に応じています。

 

  • 『東京都ひきこもりサポートネット』

http://www.hikikomori-tokyo.jp

 

『東京都ひきこもりサポートネット』とは?

 

Photo by renatomitra

Photo by renatomitra

・相談は無料です。

ただし、ご利用に伴う通信費や電話代などは相談者の負担となります。電話でもメール(パソコン又は携帯)でも、どちらでも相談できます。 自分にあった相談方法が選べます。

 

・何から手をつければいいのかわからない時でも、とりあえず相談できます。

何度も繰り返し相談することができます。繰り返し相談することで、人とのコミュニケーションをとる練習にもなります。

 

・個人が特定できるような会員登録は必要ありません。

ただし、継続して相談していただくためには、相談上のお名前(ニックネーム)などを伺うことがあります。相談員は、あなたに必要な身近な情報を提供します。

 

・だれが相談できるの?

「ひきこもり」本人(ご自身が「ひきこもり」で悩まれている方)と、「ひきこもり」の方が身近にいるご家族・ご友人などが相談できます。

 

・どんな相談ができるの?

「どうやってひきこもりから抜け出す第一歩を踏み出したらよいか」

「本人にどう接したらよいのか」

「どこにいったら必要なサポートを受けられるのか」

といったような、具体的なアクションにつなげていけるような相談をすることができます。

 

・だれが答えてくれるの?

ひきこもり相談について、専門の教育を受けた相談員が対応します。

 

・どんな相談方法があるの?

相談方法は、メール相談(パソコン&携帯)と、電話相談の3種類あります。

 

始めの一歩を踏み出すことは、誰にとっても大変なことです。

 

気持ちが落ち込みますし、疲れますし、スタートさせても失敗したらどうしようなど、いろいろと考えてしまい、先送りしがちです。それは、みんな同じです。まずは一度ご相談してみてはいかがでしょうか。『東京都ひきこもりサポートネット』の相談員の皆さんが、あなたのご相談をお待ちしています。

 

※参考資料:

『東京都ひきこもりサポートネット』

http://www.hikikomori-tokyo.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする