今年も、インフルエンザ対策を

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第201回

 今回は、インフルエンザ対策について!

 みなさん、こんにちは!

 今年も早12月ですね!申年のうるう年は波乱万丈と言いますが今年は本当に年初からいろいろなニュースの多い年でしたね!みなさんのプライベートはいかがでしたか?ラスト1か月、年末まで日々健やかに過ごしてくださいね。

 ところで今年はインフルエンザの流行(?)が例年よりも早いということで先だって伺った話では11月の時点で学級閉鎖のあった学校などもあるそうですがみなさん、調子はいかがですか?

手を洗う

しっかりと洗いましょう

 インフルエンザというと毎年今頃になると予防接種が話題になりますが、みなさんは打たれていますか?

 予防接種についてはお医者様たちも様々なお考えをお持ちなので摂取の有無については各々の判断がよいとしかいえないのですが、それ以外に自己予防策として出来るインフルエンザ対策がいくつかあるので今日はそれをお話しますね。

 まずとにもかくにも免疫力を低めないように心がけることです。これは同じ学級閉鎖になったクラスでもインフルエンザになる子とならない子がいる要因のひとつでもあり「体を冷やさない、免疫力、抵抗力を上げる食生活を心がける」などが対策となります。因みに有用な食材としてはにんにく、生姜、ねぎ、ニラなどがあげられます。ビタミンCを意識的に摂ることも有用でこちらはサプリメントもいいですし、食品から採る場合は小松菜、大根葉、ニラなど青菜から摂ることがおススメです。柿の葉茶もおススメですよ!

 次に手洗い、うがいです。これは出先でもするようにするとよいのと、念のため程度でよいと思いますが携帯用の消毒ジェルを持っているとよいかもしれません。インフルエンザに限らず、菌って案外手から口を通して感染することが多いのだそうです。

 そして最後は保湿です。

 基本的に湿度50~60度の環境にインフルエンザのウィルスは弱いといいますのでお部屋の加湿も大切ですし、実は体内保湿も結構、インフルエンザ、風邪対策には有用です。

 そこで体を潤す作用のある食材をご紹介すると・・・蕪、りんごといった旬のものから大豆製品や牛乳といった定番食材があります。いずれも手にいれやすい食材ですし、お値段もそんなに高いわけではないのでぜひ、意識をして摂るようにしてみてください。

 あとは何がいいってマスクです!

 最近では保湿効果のあるマスクなどもありますのでいろいろと商品を試してみてくださいね。

 もちろんこれらが絶対にインフルエンザにかからない方法というわけではありませんが、予防という意味では私自身、過去やってきて予防接種も受けずに一度もインフルエンザにかかったことはありませんし、体感値としてよいように思うので予防接種の如何に関わらずぜひ日々の生活の中に取り入れていただければ幸いです。

 もちろん、症状が出てしまったらすぐにお医者様の診断を仰いでくださいね!

 ということでインフルエンザの予防対策をバッチリして、この冬を元気にのりきりましょう!!!

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする