“見る”をサポート!『視能訓練士』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“見る”をサポート!『視能訓練士』

 

『視能訓練士』という資格をご存知ですか?

 

『視能訓練士』は、昭和46年に制定された、『視能訓練士法』という法律に基づく国家資格をもった医療技術者です。眼科で医師の指示のもとに視能検査を行うと共に、斜視や弱視の訓練治療にもたずさわっています。

 

『視能訓練士』とは?

・『視能訓練士』は、国家資格です。

・見る機能(視能)に障碍をお持ちの方に、機能回復のための『視機能検査』と『視能矯正訓練』を行う専門職です。

・『視能訓練士』の職場は、一般的には、病院やリハビリテーションセンターなどの医療機関です。保健所、学校などに勤務されている場合もあります。

・『視能訓練士』の資格を取得するためには、大学、養成校などで『視能訓練士』として必要な知識、及び、技能を修得し、国家試験を受験して合格することが必要です。

・高校を卒業された方の場合では3年制以上、大学・短期大学、または、看護師や保育士の養成校で、指定科目を履修し、かつ卒業した場合には、1年制以上の学校で学ぶ必要があります。

 

例えば、斜視や弱視などの視能障碍をお持ちの方のための治療には、長期間にわたる矯正訓練が必要になります。その際に、『視能訓練士』は、医師が診断治療を行うための基礎検査を行うことで、医師と相談のうえで訓練プログラムを作成し、各種光学機器を使って矯正訓練を行います。

 

視能障碍は、早期発見、早期治療が大切なため、乳幼児に対する検査、診断に重点がおかれています。それ以外にも、最近では、高齢社会に向けて、老化や糖尿病などが減で、視力の低下した人に対してのリハビリテーション指導も増えています。

 

『視能検査』とは?

『視能検査』は、視力、視野、屈折、調節、色覚、光覚、眼圧、眼位、眼球運動、瞳孔、涙液、涙道などの検査や、超音波、電気生理学、写真の撮影検査などがあります。

 

上記のような視覚に関する検査により、正確な検査結果を得ることが、適切な診断治療につながることから、眼科診療チームの一員である専門職として認められてきました。

 

Photo by Tall Chris

Photo by Tall Chris


目の病気は、目に関する日々のケアを丁寧にしながら自分から意識して取り組まないと、いつの間にか症状が進行してしまうことがあります。『視能訓練士』が提案する、視力に関する検査などを理解しながら実践することで、視力への理解やケアの仕方を積極的に学んでいきたいですね。

 

※参考資料:

『福祉のお仕事 視能訓練士』

http://www.fukushi-work.jp/navi/shikaku_detail.php?eid=00014

『日本視能訓練士協会』

http://www.jaco.or.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする