多岐に活動する!『社会福祉士』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多岐に活動する!『社会福祉士』

 
新年明けましておめでとうございます。
本年もCharedoをどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、『社会福祉士』とは、『社会福祉士及び介護福祉士法』で位置づけられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格のことをいいます(昭和62年5月の第108回国会において制定)。

 

  • 『社会福祉士』になるためには?

厚生大臣が指定した指定試験機関である、『財団法人 社会福祉振興・試験センター』が実施する、『社会福祉士国家試験』に合格する必要があります。
また、この国家試験を受験するためには、法律に定められた受験資格が必要です。

 

  • 『社会福祉士』資格取得ルート図

※下記サイトのいずれかに該当する方に、『社会福祉士』の受験資格があります。

※画像をクリックすると、該当の受験資格についての詳細ページを確認することができます。

http://www.sssc.or.jp/shakai/shikaku/route.html

 

※福祉系の大学と一般大学で学ぶカリキュラムの違いや、実務経験の長さによって、資格取得のための時間などが異なります。自分の福祉経験を考慮しながら、さまざまなルートで受験資格を獲得することができるので、是非、上記ルート図を確認してみて下さい。

 

『社会福祉士及び介護福祉士法』には、『社会福祉士』とは、専門的知識及び技術を持ち、身体上もしくは精神上の障碍があること、または、環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者、又は、医師その他の保健医療サービスを提供する者、その他の関係者との連携、及び、調整その他の援助を行うことを業とすると記載されています。

 

『社会福祉士資格』は、国家資格です。しかしながら、医師や弁護士のように『業務独占』の資格ではなく、『名称独占』の資格です。

 

  • 『名称独占』とは?

資格をもたない者が、『社会福祉士』という名称を勝手に使用することはできません。しかしながら、『社会福祉士』の資格をもっていなければ、福祉の業務につけないということはありません。ただし、『社会福祉士』の資格をもっていることで、福祉の専門職としての水準の高さを表しことにつながります。また今後の取り組みとして、『社会福祉士』の有資格者が増加することで、将来的に、実質的な『業務独占』の資格となることも考えられています。

 

また、社会福祉士の職能団体として、『公益社団法人 日本社会福祉士会』があります。こちらでは、『社会福祉士』の活動を広く世の中に広める活動や、『社会福祉士』の方の働き方のサポートなど、さまざまな活動を行っています。

 

  • 『公益社団法人 日本社会福祉士会』

http://www.jacsw.or.jp

 

Photo by zaimoku_woodpile

Photo by zaimoku_woodpile


『社会福祉士』が充実し、『公益社団法人 日本社会福祉士会』や『社会福祉士』の活動が社会に浸透していくことで、誰もが安心して豊かに暮らせる日々になるといいですね。

 

 
※参考資料:
『公益社団法人 社会福祉振興・試験センター』
http://www.sssc.or.jp/index.html

『公益社団法人 日本社会福祉士会』
http://www.jacsw.or.jp

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする