治療に向き合う子どもを応援!『キッズアートプロジェクト』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

治療に向き合う子どもを応援!『キッズアートプロジェクト』

 

『キッズアートプロジェクト』を、ご存知ですか?

 

『キッズアートプロジェクト』は、アートの作成を通じて、入院生活を楽しみ、お友達同士たたえ合い、治療と向き合う「病院で過ごす子どもたち」が主役のプロジェクトです。

『キッズアートプロジェクト』
http://kidsartproject.jp/

 

日本の小児医療レベルは、世界のトップクラスにあるといっても過言ではなく、あらゆる疾患に対して、先端的で適切な医療が提供されています。しかし、それでもなお長期入院を余儀なくされ、一生自分の病気と向き合い続けねばならない、子どもの患者が多くいることも事実です。

 

日本では以前から、『病院は、病気を治療する場所であり、つらい治療に耐えるのは当然』といった考えがあり、そのため、医療サイドから入院中の楽しいことを提供するという発想はほとんどありません。

 

短期の入院で元気になり退院できるのであれば、つらい治療にも耐えられるのかもしれませんが、治療が何か月、あるいは年単位の入院となり、楽しいこともあまりないとなると、治療に耐えきれなくなる患者も出てきます。

 

小児医療において、『環境整備』や、『精神面』のサポートは、『治療コンプライアンス(治療の受け容れ)』向上のためにも、非常に重要であるとされています。

 

欧米の小児科病棟では、日本に比べて、壁や机にカラフルで楽しい絵が描いてあったり、様々なイベントが院内で開催されたりと、子どもたちの入院中のストレスを少しでも軽減し、楽しい日常をいかに維持していくかといった『医療環境整備』が、治療することと同様に重要視されています。残念ながら、日本では子供たちの『医療環境整備』に対する関心はまだ低く、欧米に比べると遅れていると言わざるを得ません。

 

Photo by donnierayjones

Photo by donnierayjones


『キッズアートプロジェクト』は、こうした問題点を克服するために、医師の方々が立ち上げたプロジェクトです。さまざまなアートを通して入院中の子どもたちに楽しみを提供し、より良い医療環境を整備して治療コンプライアンスを向上させていく活動を通じて、病院が子どもたちにとって『居心地がよく、少しだけ楽しいところ』になるように変えていきたいと考えています。

 

『キッズアートプロジェクト』では、活動に参加してくださる病院やボランティアの方を、随時募集しています。

 

『キッズアートプロジェクト』:参加病院、ボランティアの募集について
http://kidsartproject.jp/about/entry/

 

 

病院が子どもたちにとって『居心地がよく、少しだけ楽しいところ』になると、大人が変わり、家庭が変わり、企業が変わり、社会が変わり始めることでしょう。

 

ひとりの医師の気づきで始まり、賛同した医師がつなぎ、ボランティアや企業がつないでいく、素晴らしい活動を、あなたもあなたの周りへと伝えてみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『キッズアートプロジェクト』

http://kidsartproject.jp/

『キッズアートプロジェクト』:参加病院、ボランティアを募集しています。

http://kidsartproject.jp/about/entry/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする