社会が待っています!『福祉のお仕事 リスタート』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会が待っています!『福祉のお仕事 リスタート』

 

人は生きていると、生活環境の変化や、結婚や出産、育児、介護、引っ越し、転勤、転職などで、何度もライフスタイルが変わります。

 

そんな中で、どうしても今の仕事を辞めなくてはならないときも訪れてしまいます。働きやすい職場、楽しい仲間、お世話になっている取引先など、居心地のよい職場環境は、今まで築き上げてきた宝物です。

 

Photo by onigiri-kun

Photo by onigiri-kun


しかしながら、どうしても優先すべきことがあって、辞めてしまわなくてはならないときは、人生の中のそういう時期だと考えて、優先したいことに全力投球したいですよね。そして、その後、いろいろなことが落ち着いたら、また仕事を始めたいと願うのは当然です。

 

社会でも、たくさんの生きた知識を持ち、職場のノウハウを熟知している経験者に是非力を貸してもらいたい、一緒に働きたいと思っています。

 

そんな働き手と、働く場所を提供している両者を結び付けているのが、『福祉のお仕事 リスタート』です。

 

  • 『福祉のお仕事 リスタート』:

福祉の仕事に再挑戦(Reスタート)するあなたを応援するサイト

http://www.shakyo.or.jp/re-start/

 

福祉の現場では、経験者の再就職を持っています。大変なことも多かったけれど、だからこそ得られるやりがいと喜びがあったでしょう。あの日の笑顔や「ありがとう」は、今も心に響いています。『福祉のお仕事 リスタート』は、そんな福祉のお仕事をもう一度はじめてみようと考えている方の就職活動をサポートしています。

 

これまで培った知識や技術、利用者の方・職員と過ごされた時間は、決してリセットされるものではありません。福祉の現場は「もう一度福祉の仕事がしたい!」「もう一度挑戦してみようかな」という思いをお持ちの方を待っています。

 

『福祉人材センター・バンク』では、施設・事業所や求人の情報、ブランクがある方への研修、就職活動の進め方など、再就職に役立つたくさんの情報を提供しています。

 

  • 『福祉のお仕事 リスタート』に寄せられるご相談とは?

・「自分の親の介護が必要になり、仕事との両立が難しくなってきたのですが、また働けるようになったら、やっぱり福祉の仕事をしたい」

・「福祉の資格や経験を活かしたい・・・」

・「子育てが落ち着いたら、また仕事にでたい」

・「今度働くときは、仕事の内容や労働条件を見直したい」

・「引っ越し先でも、福祉の仕事を続けたい」

 

こんな福祉経験者と福祉現場をつなぐ『福祉のお仕事 リスタート』の活動が、今後の日本の福祉環境を大きくサポートしていく力になるはずです。これからも、『福祉のお仕事 リスタート』の活動に注目していきたいですね。

 

※参考資料:

『福祉のお仕事 リスタート』

http://www.shakyo.or.jp/re-start/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする