認められた福祉環境!『きょうと福祉人材育成認証制度』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

認められた福祉環境!『きょうと福祉人材育成認証制度』

 

『きょうと福祉人材育成認証制度』をご存知ですか?

 

Photo by aljuarez

Photo by aljuarez


京都府では、全国に先駆けて『きょうと福祉人材育成認証制度』を制定し、福祉の仕事環境の改善に取り組んでいます。研修・コンサルティング等で福祉事業所を支援し、また、京都府の定める『4分野17項目の認証基準』をすべてクリアした人材の育成・定着に取り組む福祉の事業所を認証して、紹介しています。『きょうと福祉人材育成認証制度』によって、福祉業界が、若者にとって安心して就職できる場所となるよう、福祉業界と行政が連携して取り組んでいるのです。

 

京都府が取り組む、『4分野17項目の認証基準』とは?

 

  • 新人教育が充実しているのか?

・新規採用者育成計画は策定されているか?

・新規採用者研修は実施されているか?

・OJT指導者に対する研修は実施されているのか?

 

  • 未来を描ける職場になっているのか?

・キャリアパス制度は導入されているのか?

・人材育成計画は策定されているのか?

・資質向上のための研修が実施されているのか?

・資格取得に対する支援はされているのか?

・人材育成を目的とした面談は実施されているのか?

・人材育成を目的とした評価は実施されているのか?

・給与体系、または給与表は導入されているのか?

 

  • 社員を大切にする職場になっているのか?

・休暇制度や労働時間縮減のための取り組みが実施されているのか?

・出産後の職場復帰に関する取り組みが実施されているのか?

・育児や介護を両立できる取り組みが実施されているのか?

・働く人々の健康管理に関する取り組みが実施されているのか?

 

  • 外部との交流に積極的なのか?

・『きょうと介護・福祉サービス』の第三者評価の受診をしているのか?

・地域や学校との交流をしているのか?

・関係する法律などを遵守しているのか?

 

上記、『4分野17項目の認証基準』を設けることで、福祉環境の向上はもちろん、福祉の仕事に就くことを考えている方々にとって、仕事環境に満足し、安心して継続的に仕事に取り組める職場であるかの判断基準にもなります。

 

認証基準を全て満たした事業所に対しては、京都府からは『認証マーク』を配布して、『認証事業所』として紹介をしています。

 

さらに、認証を取得した法人を対象として、『5分野112項目』と『数値評価6項目』の認証基準でチェックする『上位認証』があります。『上位認証』の認証基準を全て満たした事業所には、京都府が認証している『上位認証マーク』を授与して、『上位認証事業所』として紹介しています。

 

基準をクリアした事業所が増えていくことは、健全な福祉現場を礎とした、安心できる福祉社会の実現に繋がりますね。多くの事業所に普及し、福祉施設で働く方にも利用する方にも、便利で快適な場所になることを願っています。

 

※参考資料:

『京都府福祉人材・研修センター』

http://fukujob.kyoshakyo.or.jp/kyoto/index.html

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする