髪の疲れは女の疲れ

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第203回

 みなさん、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。

 2017年のお正月、みなさんはどんな風に過ごされましたか?

 私は主人が六本木ヒルズのカウントダウンパーティに出演していたので、そのパーティ会場で新年を迎えました。実は今回初めて知ったのですが、東京タワーってカウントダウンの時に消えているってご存じでしたか?今年は52階にいるので東京タワーを見るのも楽しみにしていたところ、23時くらいまでは真っ赤に光っていた東京タワーがふと気がついたら消えている!0時なったら着くのかな?と思っていたらなんと再点灯したのは1時でした。世の中、経験してみないと知らないことがまだまだありますね。

フードを被った女性

紙は女の命といいますね

 さてそんな経験といえば、年末、美容室でのこと。もう何年もお願いしている美容師さんなのですがさすがの年末に少しバタバタしてて、疲れていますなんていう会話をしていたら

 「髪の毛見ればわかりますね~!女性はまず肌よりも髪の毛にその時のコンディションがでるんですよ!」

 と。きゃー、なんだか生活が丸見えみたいで恥ずかしいです(/ω\)

 しかしこれ、なかなか奥深い言葉だなと思いました。

 確かにまわりを見まわしてみると活き活きとしている女性は、特に年をいけばいくほど、ヘアケアに力を入れているように思います。中でも“艶”が大事だと私の担当の美容師さんはおっしゃるのですが、確かに“艶度”と“活き活き度”比例しているように思いました。艶のある髪の毛にするためには適度な油分が必要!お肌と一緒ですね!!

 逆にどんなにいい洋服を着ていても、高いブランド品を持っていても、髪の毛がパサついているとなんだか荒んでみえますよね。

 そんなところからそういえば私の母も父が亡くなった後に髪の毛の量が増えたなぁと感じた話になりました。もちろん今でも母の中に気持ちとしては寂しさがあるのですが、父の世話に要していた時間や体力、ストレスがなくなったことから何かが解放されて心身ともに余裕が出来たからなのかな?と思ったからです。と・・・

 「僕のお客さまで、白髪のおばあちゃまがいるんだけどね、本当にきれいな、でも全部が白髪の方だったんですよ。その方がご主人が亡くなってしばらくしたら後頭部の髪の根元が染めてないのに黒くなってきて、今では結構地毛で黒髪の多いヘアになっているんですよ。やっぱりストレスと白髪や抜け毛って関係あるんですよね。」

 これ、凄い話です!ということはストレスが白髪の全ての原因だとは言えませんが、「ストレスが増える=白髪が増える」の対策はさっそくしなければ!!

 みなさんの中にも最近白髪が増えたな?という方がいらっしゃったらちょっとライフスタイルを見直してみてください。知らず知らずのうちにストレスが増えているかもしれません。

 今年は「申酉は騒がしい」の2年目の年で文春砲などまだまだ出てきそうな感じですが、私達の毎日はなるべく心穏やかに一年を過ごせるよう、お互いに心がけていきましょう。

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/
日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。てがけた商品、書籍は多数。
 飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする