サポートしよう!『障害者トライアル雇用奨励金』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サポートしよう!『障害者トライアル雇用奨励金』

 

『障害者トライアル雇用奨励金』をご存知でしょうか。

 

『障害者トライアル雇用奨励金』は、就職が困難な障害者を一定期間雇用することにより、求職者・事業主の相互理解を促進することによって、障害者の早期就職の実現や、雇用機会の創出を図ることを目的とした制度です。こちらを利用することにより、事業主は障害者雇用への理解を深めることができ、求職者は仕事や企業への理解を深めることができます。

 

『障害者トライアル雇用奨励金』の対象となる方

※下記の(1)と(2)の両方に該当する方

(1)継続して雇用される労働者としての雇入れを希望している者であって、『障害者トライアル雇用制度』を理解した上で、『障害者トライアル雇用』による雇入れについても希望している方

(2)『障害者雇用促進法』に規定される障害者で、次のいずれかに該当される方

ア:紹介日において、就労の経験のない職業に就くことを希望する者

イ:紹介日前2年以内に、離職が2回以上または転職が2回以上ある者

ウ:紹介日前において離職している期間が6カ月を超えている者

エ:重度身体障害者、重度知的障害者、精神障害者

『障害者トライアル雇用奨励金』の雇入れの条件

(1)『ハローワーク』、または民間の『職業紹介事業者』等の紹介により雇い入れること

(2)『障害者トライアル雇用』等の期間について、『雇用保険被保険者資格取得』の届出を行うこと

受給額

・支給対象者1人につき月額最大4万円(最長3か月間)

 

また、『障害者トライアル雇用奨励金』とは別の条件で支給されている奨励金もあります。
それが、『障害者短時間トライアル雇用奨励金』です。

 

『障害者短時間トライアル雇用奨励金』は、すぐに週20時間以上の勤務を行う事が困難な障害者を対象とした制度です。継続雇用する労働者として雇用することを目的に、障害者を一定の期間を定めて試行的に雇用するものです。雇入れ時の週の所定労働時間を10時間以上20時間未満とし、職場適応状況や体調等に応じて、同期間中にこれを20時間以上とすることを目指すものをいいます。

 

Photo by cindywho

就職して仕事がはじまると、「こんなはずではなかった・・・」と思うことがたくさんでてきます。それは、誰もが同じです。また、仕事を始める前には、さまざまな手続きが必要ですので、すぐにやめることも難しいですよね。

 

そんなときに、まずは一歩を踏み出すために、『障害者トライアル雇用奨励金』や、『障害者短時間トライアル雇用奨励金』が有効活用できると、働く方も組織の方も、お互いに役立ちますね。

 

※参考資料:

『厚生労働省 障害者トライアル雇用奨励金、障害者短時間トライアル雇用奨励金』

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/shougai_trial.html

 

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする