世界の声を聴こう!『プラン・インターナショナル』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の声を聴こう!『プラン・インターナショナル』

 

毎日の忙しさに忙殺されていると、つい、自分が地球の中の小さな日本の、そのまた小さな場所で、あくせくしている現実を忘れてしまうことがあります。同じ時間に、同じ地球のまったく別の場所で、さまざまなことで困っている方がいることを考えられる機会が、なかなか持てずにいます。お恥ずかしいことです。

 
『プラン・インターナショナル』では、世界の子どもたちを救うために、さまざまな活動を行っています。
 

●『プラン・インターナショナル』
https://www.plan-international.jp/

 

Photo by Lead-Beyond

Photo by Lead-Beyond


途上国における「貧困」の問題は根が深く、さまざまな要因が絡み合っているため、子どもたちがそこから抜け出すことは容易ではありません。『プラン・インターナショナル』は、これまでの経験から、下記の8つの分野の改善を重視して活動しています。

 

 

(1)「教育」
学校の建設と修繕・教師トレーニング・幼児教育の推進・学校運営の改善などの教育環境づくりに取り組むことで、子どもと若者が基礎教育や生きてゆくための知識を身につけ、自分たちの能力を発揮できるように支援しています。
 
(2)「保健」
予防接種・保健ボランティア育成・産前産後ケア・診療所の建設など、保健知識の向上と保健医療体制の整備に取り組み、子どもの健康的な成長を支えます。
 
(3)「性と生殖に関する健康と権利」
性教育の推進・HIVとエイズの予防・HIV感染者やエイズ患者の支援など、思春期の子どもと出産年齢の女性に対する、性教育やHIVを含む性感染症の予防と対策を支援します。
 
(4)「水と衛生」
給水設備(井戸など)の設置・衛生トレーニング・トイレの設置など、子どもが健康的に生活できるよう、安全な飲料水を供給し、衛生意識の向上を促進します。
 
(5)「家計の安定」
職業訓練・小規模金融(マイクロ・ファイナンス)・農業技術指導など、子どもが安定した生活を送れるよう、各家庭の収入の増加を支援します。
 
(6)「子どもの参加」
子どもクラブの活動・若者のメディアプロジェクトなど、子どもや若者が地域の中で発言し、課題解決に積極的に参加できるよう支援します。
 
(7)「子どもの保護」
地域ボランティア育成・カウンセリング・学校での体罰防止・出生登録など、家庭や学校、地域のあらゆる場所で、身体的・精神的・性的な暴力から子どもたちを守ります。
 
(8)「緊急支援」
51の災害プログラムを世界で実施。
エボラ出血熱の緊急対応のために、リベリア・シエラレオネ・ギニアで1万6,765人がトレーニングを受けました。
東日本大震災の際も、「緊急支援」の一環として、多くの子どもたちをサポートしています。

 
『プラン・インターナショナル』のホームページには、世界の今の状態とそれを救うために、今、私たちができることが紹介されています。日々の暮らしの中で世界を身近に感じ、自分の小さな活動であったとしても、誰かのために、何かをしている時間を少しでもたくさん持っていける人生を歩んでいきたいですね。世界が良い方へ、変わっていきますように。

 

※参考資料:
『プラン・インターナショナル』
https://www.plan-international.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする