悩みを聞く力!『こころもメンテしよう』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩みを聞く力!『こころもメンテしよう』

日々の生活では、さまざまなことがあり、いろんな問題が発生します。ひとつ問題が解決したと思ったら、また新しい問題が発生して、毎日毎日、問題解決の繰り返しです。解決できていれば良いのですが、解決できない問題が積み重なり、どうにもこうにもできないことも少なくありません。時間が経っているのに解決できていない問題ほど、やっかいなものはなく、解決方法が分からない、誰に相談したらいいか分からない、そもそも、解決する気分になれないなど・・・、問題は山積みです。

 

『厚生労働省』では、福祉の観点から、悩みを解決するためのさまざまなサポートに取り組んでいます。そのひとつが、若者を支えるメンタルヘルスサイト『こころもメンテしよう』のホームページです。

 

身体がだるい、眠れない、イライラするなど、こころの病気が気になるときに、その解決方法を探し、解決のサポートをしています。

 

●『厚生労働省:こころもメンテしよう<若者編>』
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/youth/index.html

 

また、子どもの様子が気になったり、こころの健康や病気が心配なご家族や教職員のためのサポートも行っています。

 

●『厚生労働省:こころもメンテしよう<ご家族・教職員編>』
http://www.mhlw.go.jp/parent/parent/index.html

 

Photo by chifei

Photo by chifei


子どもたちのこころは、成長とともに大きく揺れ動きます。ときには、気持ちが不安定に見えたり、何を考えているのかわからなくなったりすることがあるかもしれません。そうした状態が、正常な成長の中で見られる一時的なものであることも多いのですが、実は背後にこころの病気が隠れていることもあるといわれています。

 

『こころもメンテしよう<ご家族・教職員編>』のホームページでは、こころの病気の初期サインや、こころの病気についての解説、子どものこころと向きあっていく方法について紹介しています。

 

<子どものメンタルヘルスを知るために、紹介されていること>

・子どものSOSサイン
こころの病気には、いろいろなSOSサインがあります。そんなサインに気づくためのポイントや気づいたときの対応方法をご紹介しています。

 

・こころの病気について
10代、20代の若者でもこころの病気はあります。若者の場合には、大人とは症状やケア・治療の方法が異なることもあります。ここでは、若者に多いこころの病気の特徴や治療法、サポートするときのポイントをご紹介しています。

 

・子どものこころと向き合うこと
子どもの様子が気になるときは、もしかしたら「どうしたの?」「何があったの?」と、問いつめてしまうことがあるかもしれません。しかし、これでは自分の気持ちを伝えたいと思っても、話ができないかもしれません。まずは、子どもの気持ちや状態を聞くことからスタートしましょう。そのための具体的な方法や避けたいことについてご紹介しています。

 

大人は子どもの延長線上にあります。大人のこころの悩みを知るためにも、まずは、子どもたちにどんなこころの悩みがあるかを理解し、力になっていけるよとよいですね。

 
※参考資料:
『厚生労働省:こころもメンテしよう<若者編>』
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/youth/index.html

『厚生労働省:こころもメンテしよう<ご家族・教職員編>』
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/parent/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする